福岡熊本Eighterの旅⑤ しっとりと温泉宿籠り (旅館 「山鹿温泉 清流荘 水鏡庵」)

熊本出身の会社のチームメンバーTTに、福岡から車で1~2時間程度で行けてお勧めの温泉はどこか訊いて、紹介された山鹿温泉の「清流荘」。
運よく、お得プランを見つけて予約。

わたしは「山鹿」が、さんが、なのか、やまが、なのかも知らない温泉。
えと…「やまが」です。
でもすぐ忘れる。

大きなロビーはオーソドックスな大型温泉宿の趣。
20190805_152056.jpg
鄙びたお宿。
いまのところ可もなく不可もなく。
紹介してくれたTTの腕前は、さていかに?

露天ぶろ付きの開放的な空間の水鏡庵。
心地よい和の落ち着いた空間の鹿門亭。

わたしが”お得”で取ったのは水鏡庵。

案内されたお部屋。
20190805_152855.jpg
えー!
素敵ー!
20190805_152903.jpg
思っていたよりずっと素敵!
20190805_152910.jpg
キレイ、とてもきれい。
20190805_153501.jpg
大きな露天風呂から見える景色も素晴らしい。

やだ、TT、グッジョブじゃないの。
TTのおススメは、温泉の質が良い、と言っていたけれど。
温泉は知っているけれど、お宿には泊まったことはないと言っていたけれど。
TTの温泉の紹介、わたしのお宿チョイス、素敵なコラボだ。

ご機嫌で飲んじゃう。
20190805_164205.jpg
白岳(はくたけ)は熊本の米焼酎のブランド。
ぷはー。

大浴場へ。
水鏡庵の新しさから比べると、”昔ながら”の形容が合う浴場。
温泉利きのSTMがお湯をすくって匂い嗅いだり、色を見たりして、いい温泉だ、なんて悦に入っている。

金栗四三ミュージアム&生家に寄ったものの、ほかはノープラン。
15時にはお宿に着いていたので、お風呂ものんびり。


オータニ朝食をのんびりたっぷり食べたとは言え、この日気づいたらランチ抜き。
18時のディナーにはお腹ペコペコ。

お食事楽しみ。
20190805_180851.jpg
季節のお造りスタート。
ワクワク。
0805.jpg
海老真丈清し、鯛、冬瓜など、鰆味噌柚庵焼き、豚スペアリブ。

これらのお料理に合うのは…。
そう!
20-01-03-13-49-10-539_deco[293].jpg
普段は日本酒飲まないけれど…。
郷に入っては郷に従え、ってね。
山鹿のお酒、飲み比べますー!
「熊本神力」「泰斗」「ちよのその」
どれも美味、なのだ。
0805_1.jpg
水炊き、笹身香草チーズ揚げ、玉蜀黍ご飯、抹茶ティラミスでフィニッシュ。

満足!

満足、なのに、お部屋でも飲んで、摘まむ。
0805_3.jpg
足湯もね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

朝食。
20190806_083313.jpg
派手さはないけれど、ご飯のお代わりがしたくなっちゃうおかずの数々。

ご飯前の朝風呂も浴び、ご飯後のお部屋風呂も浸かり。
お宿ステイ、満喫。


(2019年8月)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント