2018年11月ブセナ物語 序章 出発前のドキドキ、搭乗前のドキドキ

沖縄、その前に - 搭乗直前、目が覚める

4時半起き。
さすがに前夜、わたしにとっては常な深酒はせずに、浅酒(あさざけ)。
発泡酒に、冷蔵庫に残っていたウォッカベースのカクテルを炭酸水で割ったものを二杯。

23時過ぎにはご就寝。
カラダは疲れているけど寝付かれない。
うとうとしたけど小一時間で目を覚まし、行きたいのかわからないけれど、トイレに行ってみる。

それから、少なくとも熟睡感は得られないまま、アラームに起こされる。

前日予約していたタクシーに乗って、駅から空港リムジン。
5時半なのに、そこそこの混みよう。
わたしは40分発と思っていたけれど、30分にバスが発車したのにはちょっとだけヒヤッとした…。
早めにタクシーが来てくれていて、そしてちゃんと早めに準備しておいて、良かったね、わたし。
ひぃ。

バスの中で、不本意ながら会社PCでメールをチェック。
すぐに必要なものはほとんどないけれど、それらに目を通し、削除したり、いつか必要になるだろうと思ってホルダーに移したりしておくことは重要。

バスは順調にスピードを出してトンネル内に。
眠くなっちゃった。
うととと。

空港に早めについて、きれいになったラウンジで一息。
前回、なくなっちゃったんだとがっかりしていたクロワッサンサービスも再開していてラッキー。
一ついただく。
画像
余裕な動き。

搭乗時間15分前に搭乗口に行くと、混雑。
この時期の沖縄、なぜに混雑…?
優先搭乗が始まり、そのあとの搭乗を待つ人たちが列を連ねるけれど、わたしは端っこの椅子に座って、ぼけー。
人の動きを見て、チェックインの時にもらった座席番号が書いてある紙と、搭乗直前にかざさないといけないカードを握って、端っこからもう少し近い椅子に移動。

並んでいる人も少なくなりさて、行こう。
と思って、握っていた手を見ると、紙はあるけど、カードがない。

あそこの椅子に座っている時は持ってた、握ってた。
戻ってみてみる。
ない。
あそこから、ここまでの動線。
わずか15メートルくらい。

どこでなくなる…?

その間に、並んでいた人は“少なく”どころか“いなく”なってきて、焦るー。

仮に、カードがなくても、チェックインはしているんだから乗せてもらえるだろうと腹をくくり、荷物を持って行こうとしたら、あったー!
椅子の後ろに落ちてたー!

あー、目が覚めた。
つまり、それまで寝てた?
えへ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック