オトナ和食二回目で、“行きつけ”に一歩近づく? @乃木坂しん

以前MEDさんを“おもてなし”させていただいたお店。
その時は、ゲストMEDさんの命により、お料理の写真を撮らさせてもらえなかった。
だから、美味しかった、と言う記憶だけで、なに食べたやら…。

その後、MEDさんは、何度も来店して“行きつけ”のお店にしちゃったよ。
高級和食店を行きつけにしちゃうオトコ。
よい感じで、イケスカナイけど、嫌いぢゃない。
うん、好き。

今回、そのMEDさん行きつけになったお店に、わたし二回目来店。

お店の人の顔も見えて、会話も楽しめるカウンターが良かったんだけど、この日はカウンターいっぱいのため、MEDさんも初の個室。
なんとシックな。
オトナだ、我々オトナなのだ。

飲み物はペアリング。
最初にスパークリング。
画像
辛口でスッキリ。
一本飲みだと相当なお値段になることに、賛否両論?
チェンチ サテン
https://cenci.jp/lineup/saten.html

お料理スタート。
画像
一品目が、
筍と貝たち。
季節を感じる筍、まだ食べてないなぁ、と思ってたところだったので、タイミングがよいー。
嬉しい。

二品目は、ずんだ豆腐?に、毛ガニ。
リースリングがほどよくマッチ。
画像
トレフェッセン ドライ・リースリング。 

海老のしんじょ?
画像
写真があっても、結局「?」が多い…。

お味は、素材を生かした薄味。
そして、ワインで引き立つ、いや、ワインが引き立つ、かな…。
画像
鯛の炙りの上にすり込んである、ワサビと塩混ぜあわせてアクセント。
それまでの料理がやさしい味だったものなので、
これ、大好き。
カツオは意外にサッパリ。

ワインは、イタリア白にロゼ。
バラエティーに富んでいて、食いしん坊も呑兵衛も満足させるラインナップ。
白:ヴィテ マリタータ (Vite Maritata)
ロゼ:アルトゥーラ / トスカーナ・キアレット・ディ・サンジョヴェーゼ

八寸と、…あれ、なんだっけ、お魚の焼きもの。
画像
ワインは、マサイアソン リボッラ・ジャッラ。
画像
サプライズでお肉登場。
お肉もおいしい。
さわやか花山椒がそれ以上においしい。

フィナーレのご飯はホタルイカの炊き込み。
画像
見た目でウキウキ。
お口に入れてハピピ。

日本酒は、京都の澤屋まつもと。

お腹いっぱいのデザートは、軽め。
画像
モノ欲しそうにしていたせいか、最後のワイン登場。
ロックフォード P.S.マリオン・トゥニーでポートワイン。
嬉しい。

残ったホタルイカのご飯はお土産にして、終了。

いろんな種類のワインを、美しいグラスでいただき。
季節の食材を美味しく食し。
お店の方との楽しい会話が続き。

素敵な時間を過ごしました。

MEDさんがここを“行きつけ”に選んだのも、わかるし。
MEDさんが“選ばれた”のもわかる気がする。

わたしも“行きつけ”に。

*********************
初訪問の時の模様は、こちら。
オトナ和食で、ワインも日本酒も楽しむ (お店 「乃木坂しん」)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック