新年お寿司は、ゴージャスに、の前にから揚げ? (お店 「鮨 心白」 @恵比寿 & 「風鈴屋」)

HKRちゃんとの新年会は、お寿司屋さん。

予約が微妙。
前のお客さんが退席したら連絡くれる方式。
目安はどれくらいですか?
と、聞いたら、21時半か22時くらいに…、と。

HKRちゃんに聞いたら、いいよー、だって。
じゃぁ、わたしも倣って、いいよー。

21時くらいに恵比寿。

さて。
何時に連絡くるかわからないし。
お腹はすいてくるし。
かと言って食べられないし。

と言いつつ、こじゃれたお蕎麦屋さんで、ビールをいただき、から揚げも食べてる。
画像
レモンスプレーは、本物のレモンを利用。
HKRちゃん、いたく、お気に入り。
もうここでいっかー、な気分になった頃連絡あり。

喜んでうかがう~。

引き戸ガラガラ、って開けたら。

女子会…?

と思うほどの女子率100%。

送れちゃってごめんなさーい、的に、奥のカウンターに座らせてもらった。

お蕎麦屋さんでビールをいただいていたので。
日本酒盛りだくさんメニューだったので。

福島のお酒、飛露喜からスタート。

メニューの内容は、えと、えと、いつものように覚えていないけれど、日本酒が進んじゃうおいしいもの数々。
画像
終電の時間は調べてあったけれど、入店後まもなく、タクシーなんだな、と気づいた。

くらい、丁寧な対応。
画像
お寿司スタートは0時を回っていた。
酔っぱらわないように、ビールでリセット。
画像
COEDOの漆黒ビール、美味しかったな…。

最後に海苔巻。
画像
納豆沢庵。

この海苔の高級感♪
画像
皇室御献上の浜、その名も「厳選」なのだ。(買えるみたいだ…。アイザワ水産HPはこちら

〆のお味噌汁は具だくさん。
画像
お寿司のネタは高級なものを持ってこず、良い意味で質素、堅実。
海苔だけに限らず、○○の××さんが作っている、と、生産者を思い浮かべながら、愛情かけて作っている様子も垣間見え、わかーい大将の、派手さはないけれど、実直な仕事ぶりが現れるコース作りでした。

食事が終わりに近づいたころ、近所の中華屋さんのお兄さんが登場。
お兄さんも酔って、大将も日本酒飲み始め、わたしたちにもふるまってくれ、口も滑らかに。
なんだか料理界の一端を担う頼もしい二人に会えたのも楽しかった、頼もしかった。

次はその中華に行くのが楽しみ♪

********************
鮨 心白 / しんぱく
03-6721-7880
http://sushi-shinpaku.tokyo/
恵比寿駅から徒歩12分くらい。

********************
風鈴屋
03-5488-6260
お蕎麦をいただくに至らなかったけれど、モダンな作りで、ここはここで、ちゃんと蕎麦をいただきに行きたい、と思わせるお店でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック