本 「家族趣味」

乃南アサ著。

短編集。


「魅惑の輝き」


身なりには一切構わない有理子が固執しているのは、キラキラのダイヤモンド、エメラルドのアクセサリー。
借金をしても、身を粉にして働いても、人殺ししても、手に入れる。

人殺しても、その罪の意識が、これぽちもない。
もう、心は、この世になかった。


「彫刻する人」


恋人から後姿を“富士山”と言われる、むっちりした体型。
休日は昼間からビールと、料理上手の恋人が作ってくれるおいしい料理でまったり。
健康でいて欲しい、という恋人から言われたのと、太り過ぎを自覚して水泳を始めた恒春。

その水泳から、ウエイトトレーニングになり、自分の体つくりが。
彫刻、は、自分の体。
ここでも、ひとり、死ぬ。
留置場に入っても、自分の体つくりだけを考えている。

「忘れ物」

仕事と恋愛に少し貪欲な美希。
理想的な上司な本橋
イケてる同僚で恋人になる坂口。

美希には見えない三角関係。
やがて…。

ここにも死に人。
殺人者の方は、その認識はない。

「デジ・ボウイ」

人の気持ちに沿うことができない彰文。
いとこの頑張り屋の直樹。

ここでは殺人はないけれど、直樹のために死んでいく彰文がいる。


「家族趣味」


仕事も、家族も、恋人も、自分の好きなように、心地よいように付き合っているカコ。

この話が一番怖かった。
取り巻く環境も背景も全然違うけれど、カコが、自分の年齢に近いから?
一番、感情移入できる性格だから?
もし、万が一、わたしが結婚していたら、こうなっている可能性あるから?
結婚してなくても、年を取っていく不安がわかるから?

遊びと割り切って付き合っていた11歳下の英輝と別れの時がやってくる。
英輝に若いオンナノコの影がちらほら。
そうなると立場が上だったカコは悔しい。

とにかく、一番に憂鬱になったのは、彼がその娘の話をする時に「ぴちぴち」という表現を使ったことだ。そう言うと、一恵はぽかんとなり、それから声を上げて笑った。
「何? あんた、それで焼きもち焼いてるっていうわけ?」
「だって」
「しょうがないじゃないよ、そんなの。誰が考えたって、二十歳を過ぎたばっかりのよ、独身の女の子の方がぴちぴちしてるに決まってるわ。四十近くなったおばさんが、そんな娘と張り合おうって言うの?」


カコが口を尖らせ、納得しない時。
わたしも同じように口を尖らせ、ぷーっとしてしまう。


何と言われようと、私はそう簡単に納得するわけにはいかなかった。確かに、理屈では分かっている。(中略)だが、自分が確実に老いに向かっていることを、そんなにあっさりと認めるつもりには、私は絶対になれないのだ。
(中略)一恵の眼差しは冷ややかなものだった。私は、彼女が平気で自分のことを「おばさん」などと言える、その神経を疑った。なぜ、平気でそんな表現を使えるのか、信じられない。


この物語は、それだけではない。
お酒の失敗。
失敗、どころの騒ぎではない。
人生が狂うほどの。

それまでの4つの物語同様、死人。

とにかく、飲み過ぎには気をつけよう。


新潮文庫
家族趣味 (新潮文庫)
新潮社
乃南 アサ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 家族趣味 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック