映画 「借りぐらしのアリエッティ」

観ちゃった。
結構、悩んだけど、近くの映画館でやっているのが、ポケモン、みつばちハッチ、アンパンマン、仮面ライダー、…と見事にわたし向きではなかったし、「ちょっとだけ観たい」「観てやってもいい(上から)」って思ってたので、観てきた。

どうして、そんなに二の足踏んでたかというと…。
アンチジブリだから。
平たく言うと宮崎駿、嫌いだから。
だって、宮崎映画って、ロリコン・シスコン映画じゃーん。

あわわ、世界のミヤザキになんてことを!

とは言ってもね、「赤毛のアン」大好きよ。
「トトロ」なんか立ち見で映画館で観たよ。
「千と千尋」も流行りに乗って映画館に行ったよ。

そして、今回の原作は外国の児童文学なので、ただのロリコン・シスコンムービーじゃないかも、って思って。

夏休みど真ん中、朝9時50分上映。
満席。
広告は既に始まっていて場内暗くなっていたからわからないけど、子連れじゃない人いないんじゃないか?ってくらいの客席。
若干場違いを感じながらも、どの子供より多分、のめり込んで観てしまった。
折角「借り」た角砂糖を落とす時に「わ!」と残念がったり、カラスがばんばかスリッパで叩かれて逃げ出していくシーンに声出して笑ったり、家族の絆にホロリとさせられたり…。
喜怒哀楽を持って、観た。楽しんだ。

あーあ、ほらね、観ちゃうと、やっぱりジブリって素晴らしい!とか思っちゃうんだよね。
単純なのだ、わたしって。

原作はメアリー・ノートンの「床下の小人たち」。多分読んだことあると思うのだけど、またちゃんと読んでみたいな。
出来れば英語原作本で。(お、強気!)

あの~、一応アンチジブリ派として、ちょっとした突っ込みだけしときます。

・ディテール描写は良いとして、あの細っこいオバ様と翔が乗り降りする時にベンツはあんなに沈まないんじゃない?
・「借りぐらし」ってか「貰いぱなし」じゃないか!
・藤原竜也(大好き♪)の出番が少ない…。宅配の人かと思った。
・まっくろくろすけは?

ふふん。




【床下の小人たち】小人の冒険シリーズ
ツーリーフ
 床下の小人たち イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家。生活に必要なものはすべて、こっそり人間か

楽天市場 by 【床下の小人たち】小人の冒険シリーズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【借りぐらしのアリエッテイ】 ブックカバー
高松南新町商店街
おしゃれなアリエッティのカバーです。表は、アリエッティのりりしい横顔、そして裏側には、糸巻きやピン・

楽天市場 by 【借りぐらしのアリエッテイ】 ブックカバー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック