Winner_blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 縁あって、映画 - つっこみどころまーんさい、いいんじゃなーい、の、「無限の住人」

<<   作成日時 : 2017/05/11 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

縁あってタダ券ゲット。
期間限定、ほぼほぼGW中にしか利用できず、加えて映画館も1館指定。

超人気の映画ではないだろけど(失礼ー)、季節柄の混み具合がわからない。
朝一で観よー、と、連休中にもかかわらず7時起きで、8時にはお出かけ。
(という朝を、チケット忘れて2日連チャンで行なったのは、おばかなお話)

そんなのに付き合わせられるのは、チチだけー。
ただだから、ひとつ返事で行く!と言いはしたけれど、こんな映画、とあとからクレームは聞きたくないので、一応、わたしの知り得る映画知識を伝えておく。

・キムタク主役
・カンヌ参加
・ひたすら、ただ斬るだけ(らしい)

久々の映画館。
上映前のコマーシャルですらわくわくする。

それにしても…。
ほんとに…。
たくさんの映画が量産されてるのね…。

と。
高校生たちのラブ映画の出演者たちが、たいていそこそこのおとなたち…。(伊野尾くんとか、神木くんとか、菅田将暉と、山崎賢人とか、…とか、とか、もうわからん人たちばかり)
あと。
また、イッちゃってる藤原竜也の映画があるんだー、って知ったり。

今回の“縁”である広告もでっかいスクリーンで観ることが出来、よし、わたしのミッション終了。

いやいや。
これから始まるよー。


いきなり、キムタク、斬る斬る斬る。
聞いてはいたけれど、斬り過ぎ。

そんなに囲まれて傷なしかい、や。
刀の刃こぼれなしかい、や。
すべてにおいてありえーん、や。

つっこみどころが満載、過ぎ。

怪しいおばあちゃんがなんでキムタク助けた(助けた?)んだろ?
妹を亡くして50年…、のその間なにやってたんだろ?
福士蒼汰の、魔女っこメグちゃんのノン(わかる人が限られる…)みたいに額にネックレスしているのはなんだろ?
市川海老蔵が、その姿も声も演技もおもしろいのはなんでなんだろ?

でも、これはもう、オトコの浪漫、三池監督の非リアリスティックムービー、と腹を括って観た。

マンガが原作らしいから、考えるな、考えるな。
そう思うとね、いろんな疑問が捨てられる。

斬る斬る斬る、と聞いていたので、血ドバー、傷口ベローン、地獄絵図、阿鼻叫喚、かと覚悟を決めていたけれど、そこまでではなく、音で想像は掻き立てられるものの、思っていたほどの残酷さはそれほど多くなくて、ほっとした。

興行的にどうなのか余計な心配はするものの、カンヌに出品だそうだし、ヨーロッパ人にはウケるのかも、よ。
着物と刀とアクション、の部分で。
画像
なにはともあれ、映画館での映画鑑賞超久々。
やっぱり、迫力ある画像や音響や、良い時間を思い出した。
映画館、もっと行かなくちゃー。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「まんじさん」と慕ってくる娘を最後の最後まで、二階堂ふみだと思っていた。
杉咲花ちゃん、だった。
ちなみに、二階堂ふみを見た時は、しばらく宮崎あおいと思ってた。

並べてみよう。
宮崎あおい(31歳/161センチ)→二階堂ふみ(22歳/157センチ)→杉咲花(19歳/153センチ) *Wikipediaより。
ぜんぜん、違うやん。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
縁あって、映画 - つっこみどころまーんさい、いいんじゃなーい、の、「無限の住人」 Winner_blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる