テーマ:海外旅行

NY作戦は、その一言で幕切れ、ホッとする自分がいたのも事実

・・前回からの続き・・ KGさんの悪魔の囁きと、わたしの酔いから気分で、るるるん、な気持ちで就寝。 NYへ行こう! の決心。 が、何度か目を覚ました。 飲んで遅くに帰ってきて、起床時間まで、それほど長い時間じゃないのに。 起きては、「行こう」の決心は正しいのか? と自分に問いかける。 しかも、正攻法じゃない。 なに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NY作戦はブレブレに揺れる心… 行ったら墓場まで持っていけ、の悪魔の囁き

コロナ騒ぎ。 会社は、1月初めにいち早く中国・台湾・シンガポールを出張禁止国に。 たまたまその時期それらの国にプライベートで行っていた人は、14日間の自宅待機が言い渡された。 2月半ばには、感染者が出た時のオフィス閉鎖を懸念して、在宅勤務/テレワークの推奨。 在宅勤務をするしない、出来る出来ないにかかわらず、ノートPCは毎日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山⑨ やさしいドライバーさんに連れて行ってもらってemartでお買い物 & まとめ

海雲台(へうんで、何回言っても忘れちゃうのこの土地の名前)の海辺をお散歩、帰りは道路側を歩いてみてわかったこと。 お店が、ない。 お土産買うようなところが、ない。 日本語ができるコンシェルジェの人に訊いたら、emart(イーマート)に行くと良い、と。 タクシーで4000ウォン、安い。 行く! ホテルからのタクシー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山⑧ 2回目の朝食もコンシェルジェアドバイスでローカルフード? 鮑粥にたどり着く

歩ける距離で、食べられるコリアンフードは? と訊いたら、ホテルの隣りのビル内にいくつか入ってる、と。 説明、紹介、今までの中で、一番雑ジャネー? 行ってみると、嘘か誠か不明ながら、「元祖 鮑粥 本店」がある。 ぐるりとそのビルの中見て、鮑粥屋さんに戻り、入り口の見本で何を食べるかあらかじめ相談。もちろんの鮑粥と、豆もやしと鮑の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山⑦ 2日目でラストディナーもホテルコンシェルジェ頼みで海鮮尽くし

朝食チョイスが素晴らしかったので、再びホテルコンシェルジェにお夕飯のおススメ海鮮を訊いた。 日本語のできるスタッフいた。 海外では英語を使いたいながら、結局、日本語に安心。 なんとなく、負けを感じるー。 でも、お陰て細かく情報を訊けた。 海鮮のお店はいっぱいある、っていうけれど、その中でもおススメは?と訊いたら、うーん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山⑥ ホテル滞在型の旅の仕方(ホテル 「パラダイスホテル釜山」)

釜山ガイドブックを買わなかったのも、ネット等でこれぽちも勉強しなかったのも、去年の上海同様、ホテルどっぷり滞在型の旅にしようと思ってたから。 初日は、お夕飯食べた後、温水プールに。映え、デス。 この写真では全然伝わってないけれど。 真冬の夜のジャグジー、幻想的。 スマホ片手に温水につかるコリアン続出。 日本語はほぼほぼ聞こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山⑤ 真冬の海雲台海水浴場をお散歩

わたし、「釜山」に来たつもりだった。 大きな意味では間違っていないと思うんだけれど、本当の本当は「ヘウンデ」だった。 海に雲に台と、書いてヘウンデ/海雲台。 夏には海水浴場になる白い砂、青い海が有名なところ、らしい。 と、いうことで、海雲台海水浴場沿いに冬のお散歩。そういえばリムジン乗り場でおしゃべりしたおじちゃんもここのお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山④ 朝食はホテルコンシェルジェにおまかせして、ユッケジャンスープ

朝食に「なんか、スープが食べたい」。 全然、ぜんぜん、わからないので、ホテルコンシェルジェに訊いてみた。 地図に印をつけてくれ、行き方を手寧に教えてくれる。 お店の名前は…。 ハングルだからわからないでしょう、と思ったからか、Webからお店の画像を出して店構えはこれだよ、写真撮りな、と。 正しいー。 賢いー。 現代ー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山③ 無事空港で会う& お夕飯はプデチゲ

STMとは釜山空港で待ち合わせ。 一時間早く到着のSTMが出口で待つの約束。 わたしは比較的早く入国審査の列に並んだのに、いざ窓口に着いたら、必要な書類書いてない、と戻された…。 そんな書類があること知らなかった。 飛行機の中、寝ている間に配られたのかなぁ。 無念。 結局、ほぼ列の最後あたりになって時間かかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初釜山② 現地到着までの間の買い&食い

成田に着いた。 前回のバリの時は想定以上に出国者が多く(ラグビーワールドカップ需要?)、荷物検査も出国審査もすごく並んだ。 基礎化粧品一式買うつもりが、その時間を作ることもできず、慌てて飛行機に乗った。 今回は絶対、化粧品を買う! の勢いで免税店へ。 …思いのほか、買ってた…。 本当に欲しかった化粧水。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年12月 初釜山① 6時11分のバス、36分のNEX、やさしい人柄があふれるバスの運転手、この日ばかりは…

飛行機はなぜか10時台の出発が多い。 8時に空港に到着するための足に、いつもつまずいている。 まず、駅に行くまでの足。 始発バスより早いとタクシーに乗らなくちゃ。 が、まず、そのタクシーが難関。 前日どころか一週間前からタクシー会社に電話しても予約ができない。 5時台は「交代の時間だからねぇ」。 前々回苦労してよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅⑪ 飛行機の中は、ヒトリ旅? 映画 「パッドマン」 & まとめ

行きの飛行機は、意図したわけではないけれど、通路を挟んでバラバラの席。 お互い無干渉で、良い。 じっくり映画を観よう。 「パッドマン 5億人の女性を救った男」 https://bd-dvd.sonypictures.jp/padman/ 気になってる映画だったので、迷わずチョイス。 始まって知った。 言語インデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅⑩ ラストナイトはちょっとニガイ? セントレジスのアイコン、ブラッディメリーで仲直り

帰りの飛行機は深夜便。 1泊分プラスして、お部屋を出発まで使えるようにした。 夕方のファイヤーダンス。ホテルから出なくてもバリっぽさを十分楽しめた。 お夕飯は、昼間セールスの人と見て回ったオーシャンフロントのレストランと決めた。白を基調とした素敵レストラン。 ”Mr.&Mrs.” SMのラストディナー。昼間見た雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅⑨ セントレジスいろいろ思い出

縁あってお泊り、なので、セールスの人とご挨拶したあと、超スイートの見学。ラウンジではなく、お部屋デス。 王様のベッド?お部屋についているプール。はーぁ。 溜息。お庭から小道を抜けると…。そのお部屋専用のパラソル&チェア。 贅沢だ…。 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ロビーから海へ向かう道にアイコン的にあるオブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅⑧ ディナーに、ローカルインドネシアン料理 & バリ料理、朝食ゴージャスは美しくゴージャス

セントレジスに宿泊した日の夜ご飯は、バリコレクションに移動。 SMさん、バリコレ全体的に気に入った様子。 ウィンドゥショッピングをしたあとローカルインドネシアン料理。 甘くないカクテルで乾杯。お魚のテーブルクロスがかわいいお店。サテ、カラマリ、海老とアボカドサラダなど。 外の風を感じながら、食べるお食事、アルコールは美味しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅⑦ 海、プール、カクテル、時々サンドイッチ、セントレジス

海。 青い海と空。 白い砂。 赤いパラソル。適度な感覚が良い。全くやる気のない売り子もいるけれど、サングラスを磨いてくれるホテルスタッフもいる。 ピカピカになりました、よ。プールにはガゼボ。ハワイだったら有料席。どのガゼボもフリー。 優雅。 こちらは中庭のプール。SMさんがジムタイムを過ごしている間、わたしはプールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅⑥ 移動した先の ホテルは…「セントレジス・バリリゾート」

「ザ ラグーナ リゾート&スパヌサドゥア」は2泊の宿泊権利。 さて、そのあとの宿泊をどうしようか、SMさんとのせめぎあいのプランニング。 正直、わたしは連泊希望派。 ゆったりのんびりリゾート地で2日と短い滞在、その後移動なんてヤダヤダ。 連泊分のお値段も良いオファーをいただいてこれでいいじゃん。 一方で、高級ホテルアマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅⑤ 一生覚えられない名前… ホテル 「ザ ラグーナ リゾート & スパ ヌサドゥア」

会社で、棚からボタモチ、的に手に入った宿泊権利。 ありがたやー、な気持ちは120%あるものの、まったくまったく、このホテルの名前が覚えられない。 どーなってるの? わたしのアタマ。 ザ ラグーナ リゾート & スパ ヌサドゥア https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/dpslc-t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅④ 2日目、まるまるのんびり(後半)

海沿いに移動して、またアルコール。前夜、甘いと思ったモヒート、また頼んじゃった。 甘くないアルコールくれー。 SMさんと、交互に海に入って、ちゃぷちゃぷ。夕方の海は、とても静か。 いつまでも、いつまでもボケーっとしていたいけれど、そうもいかない。 SMさんが前夜からお気に入りになった場所、タバコも吸える場所で、ビール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅③ 2日目、まるまるのんびり(前半)

2日目の朝。 お部屋からの景色。ラグーンビュー。 朝イチのお天気は、よくも悪くも。 朝食のスタートは少しゆっくり。 9時前。食べる、飲む、かは別として、色鮮やかなブッフェ。 ワクワクする。 メインサラダでー、と思いつつ。オムレツは作ってもらうし。 ヌードルも食べたいっ。加えて、フルーツも食べたいっ。だって、美味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ旅② 待って、待って、ようやくホテル到着 & ディナー舌鼓

成田出国も並んだけれど、インドネシア入国も少々手間取り、加えてSMさんの荷物ピックアップが最後の最後。 1時間半くらいかかった、よ。 お迎えをお願いしていたのでらくちん。 「すみませんー、待ったでしょう?」 「混んでたみたいですね」 ラフなホテル? スタッフだかドライバーだかとはすぐに会えてよかった。 その様子を見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年10月バリ旅① 一緒に旅する人は… & ガルーダでゴー!

(今更だけれど、19年10月バリ日記開始) あっちゃん紹介のSMさんは、週末限定の飲み友達。 ガッツリ飲みたいから平日は飲まない主義。 そのSMさんと、香港旅行しよう!と盛り上がったのは、19年3月頃のお話。 SMさんもわたしのことも“よく知ってる”あっちゃんは、「いきなり海外旅行なんて、大丈夫ぅ?」と、懐疑的。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑯ 機内映画 - プレエコで「 ボヘミアン・ラプソディ」「グリーンブック」、屈辱のAAで「万引き…

「ボヘミアン・ラプソディ」 ラウンジでワインたち、機内でもワインたち、飲んで最初に観た映画、うたた寝しつつ、何回も再生再生で観た映画。 映画として圧巻。 でも、フレディの孤独感が全面に出ていて、とても悲しい。 父親との確執。 封建的な父親の気持ちも、自由に旅立つフレディもわかる。 妻となった女性への愛情も、バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑮ 帰国までもう一波乱? 帰国後もAAに恨み節

空港で朝食。バナナマフィンにオレンジジュース。 わたしとは思えないチョイス。 アタマ、おかしくなってたんだね。今度こそ連れて行って、シカゴへ。 24時間遅れでノックスビルを離陸。 シカゴに到着後、なんとかJALに乗れないかあちらこちら移動と電話。 画策は失敗。 JALは満席。 AAに乗るしかない、と知る。 無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑭ 滑走路ビューを楽しんで、丸一日ホテルステイ (ホテル 「ヒルトンノックスビルエアポート」@テ…

お部屋に入ってから、とりあえず明日のことがいまいちわからず、JALに電話する。 空港では頑張った英語も、やっぱり最後は日本語で確認しておきたい。 わかったことは…。 もうJALには乗れないって。 翌日のJALはいっぱいで、AAに乗るように変更になっているって。 わたしはJALで買っているけれど、共同運航便てそういうものだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑬ Somebody explain to me? の心の叫び

朝6時半にノックスビルという田舎町空港を出発予定。 RNのおうちから空港へは1時間。 3時起きで、RNの運転で5時に空港到着。 本当に本当にありがとう、RN。 感慨深くノックスビルを離れ、シカゴに行き、JALのビジネスクラスにアップグレードしているからラウンジで少しまったりして、で優雅に帰る。 帰る。 帰って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑫ お土産は、スーパーマーケットでゲット & バージニアから連れてきたクマ

今回の旅行、「住むように、暮らすように」がテーマの今回の旅行のお土産は…。 ドリトス18パック。いずれもスパイシー&ホットで、わたし好みではあるものの、チームメンバーへのお土産。 辛いもの苦手な人には…。 しーらない、っと。 これもほぼほぼ、お友達たちへのお土産。誰に何をだったか、あるいはバラにして渡したのか…覚えてない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑪ テネシーの内食事事情? 住むように、暮らすように…

テネシーの、と言うよりもRN家の、お家の内食(うちしょく)事情になるけれど。 住むように、暮らすようにの、お食事。 最初の朝は、なんにもないなぁ、と近所のスーパーマーケット(24時間営業/でかい)に、ベーグルゲットしに。 アメリカ人らしく(?)マグカップコーヒーに、ベーグル。シンプルにクリームチーズ。 ランチは、RN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑩ テネシーで絶叫マシーン (遊園地 「Dolly Wood」)

RNのおうちから車で約1時間、遊園地にお出かけ。 カントリー歌手のドリー・パートンが作った遊園地。 ドリー・パートンなんておばちゃんだし、日本ではそれほど知られてない、よね? わたしは、ジュリア・ロバーツがブレイクするきっかけになった(と、思ってるけどあってるかどうかは知らぬ)「マグノリアの花たち」でステキな美容院のおばちゃま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go! US! !⑨ テネシーの外食事情? USのファミレス事情?(お店 「LongHorn Steakhous…

テネシーでの外食。 映画を観た後のステーキディナー。 店内、意外と重厚な作り。 素敵、好み。 MKもRNも車なので飲まないところをわたしは飲んじゃうよ、アルコール。 ソルティドック的なものを。アメリカンな大味ながら、おいしー。 サイドデッシュはヘルシーにサラダ。 お肉はフィレ(確か)。ナイフ入れて、一口。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more