赤坂でワーケーション① ヒトリ鰻屋デビューはドキドキ(お店 「赤坂 宮川」)

19時前にさくっと仕事を終えて赤坂散歩。

いつも思う、ヒトリ飲み決行したい。
軽い前菜を2、3.皿、ワインを2、3杯。
サクッと食べて飲んで、お部屋に戻る、をしたい。

そう思ってお散歩するものの。
赤坂って難しい。
TBSと坂に阻まれて、迷子にならないようにするのが精いっぱい。
横道にそれたら最後、下手したらホテルに戻れないくらい複雑。
わたしだけなのか?
そう思うのは。

自分好みのお店がみつけられないまま、トボトボのお散歩。
そう、左足が痛い。

鰻屋の宮川の前を通る。
鰻!
ヒトリで入れたらオトナ。

が、一応というか、それなりの有名店。
扉ガラガラと開けて満席、って言われた時のガッカリ感は…。
赤坂最初の夜としては、良くないスタート。

もう一度赤坂、と言うかTBS周りをぐるりとレストラン探し。
ラーメン屋さん…なんかちょっと違う。
お寿司屋さん…ラフなお寿司屋さんでも、赤坂と言う土地柄ハードルがたかーい。

鰻に決めた!
電話する。
常連みたいに「今から、ヒトリ、入れる?」←そんな風な気分で「今晩、ヒトリ入れますか?」と丁重に訊く。
はいー、大丈夫ですよ、お待ちしてます、で、予約完了。

日曜の夜だからでしょうか?
入店した時は、テーブル2組、カウンターにお連れ様を待つ1名、と、空き空き目。

カウンターに座らせてもらってメニュー、じっくり。
白焼きが、好き。
白焼きで、お酒、が好き。
なんだけれど、この日は、うな重な気分。
ちょびとだけ、ご飯を欲してます。

い・ろ・は・に、とある中で、い、をチョイス。
鰻を待つまでのおつまみとして「季節のお浸し二種盛り」も。
20201018_192056.jpg
美しい。
「春菊と松茸と菊花」「まこも茸と車海老」、ヘルシーで美味。

飲むは麦焼酎。

うな重登場!
20201018_193749.jpg
キレイ。
山椒多め。
えへへ。

パクリ。
なんでしょう。
旨味だけ残って、溶ける。
たまに買うスーパーのあれはなんなんだ? ってくらいこれが鰻。
この鰻だけを食べていたい。

いや。
わたしは高級鮨でも、スシローでも満足できるヒトだった。
高級鰻でも、スーパーマーケット鰻も満足か。

えー。
やだー。
宮川鰻を食べていたい。

肝吸いもシンプルながら良い味。
満足。

一口一口大切にいただきました。
「い」は半尾ですよ、と言われたけれど、ご飯も少な目にしてください、って言ったけれど。
これがちょうど良かった。

罪悪感のない、満腹感。
美味しいモノ食べるって幸せ~。

そしてヒトリ鰻屋、オトナになった。
その感覚にも満足。

***************************
赤坂 宮川
03-3583-3136
https://www.akasaka-miyagawa.com/
赤坂駅からすぐ。あのぉ…。Go Toキャンペーンの恩恵も被っているものの、3泊の赤坂ホテル代と同じくらいのお夕飯代になりました。あはは。GoTo電子クーポン使えたら良かったけれど、「うちはやってないんですよ」だった。ま、いっか。違うところで使いますー。
20201018_191014.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント