コロナ禍夏休み③ 26時間滞在で夢の世界 (ホテル 「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」)

CEKちゃんとは芝の辛カラストリートで辛いモノ三昧、そして1泊ホテルステイ、を予定していた。
辛いモノ、がメインだったのだけれど、CEKちゃんの希望&わたしの“縁あって”でステキなホテルが予約できて、アーリーチェックインもできるとあって、ホテルステイがメインになった。

芝の辛カラストリートを飛ばして、大門の辛カラ中華を楽しんだあと、向かうは…。

フォーシーズンズホテル丸の内 東京
https://www.fourseasons.com/jp/tokyo/

タクシーを降りる前に、VIPか? 如く、お迎えに来てくれた。
こじんまりとしたフロントでチェックイン後、営業の方にお部屋案内。
20-08-11-08-43-33-086_deco[1369].jpg
太陽燦燦のコーナースイート。

ひっきりなしに走る新幹線見放題。
natsu3.jpg
このお部屋までのアプローチの無駄に長い廊下。
natsu4.jpg
いや、無駄ではない。
夢の世界につながる廊下。

わたしたちのお部屋もとても素敵だけれど、さらに豪華なお部屋も見せていただく。
20200805_130102.jpg
こんなデスクなら仕事サクサク?

こんなバスタブで都会を見渡したら、天下取った気分?
20200805_130250.jpg
豪華だけれどとても機能的なお部屋たち。
トータル50何部屋、こじんまりでファミリア。
素敵なのだ。

ホテルのアイコンのひとつになりえるこのお席で、一杯いただきます。
20200805_131053.jpg
東京駅一望。
20200805_181445.jpg
ダブルエスプレッソマティーニ、みたいな名前のオリジナルカクテル。
コーヒーの香りが心地よくて、アルコールを感じさせないけれど、いや、アルコールはたっぷり、なはず。
ちびちびといただく。
なんて優雅。


翌朝の朝食。
natsu5.jpg
選べる卵料理は、CEKちゃんがオムレツ、わたしは卵焼き。
ボールサラダもボリューミー、シリアルもついて、お腹いっぱい。
3つのデニッシュは、CEKちゃんもわたしも手を付けられず、お持ち帰りにしてもらった。

お部屋に戻って少しのんびりした後、わたしはジムへ。
取ったカロリーは、減らすのだ。
バイクを30分、ボート漕ぎを10分くらい。
東方神起と、関ジャニをガンガン聴きながら。

そのあと、CEKちゃんと一緒に温浴施設。
20200806_110226.jpg
素晴らしい時間。

12時にチェックイン、翌日16時までホテルスティ。
スティケーション(Stay+Vacationをくっつけた造語)を楽しみました。

あまりに夢のような世界過ぎて、チェックアウトする時は、ふわふわ。

CEKちゃんにも、営業の方にも、感謝。
2020年コロナ禍のわたしの夏休み第一弾終了。
第二弾あるんかい、ってね?

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

フォーシーズンズ丸の内のコロナ対策もばっちり。
20200811_131504.jpg
除菌シート、消毒ジェル、これにマスクも入ってました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント