六本木通院のあとの、シンガポール飯 でかの地に思いを馳せる(お店 「海南鶏飯食堂 麻布十番本店」)

経過観察中で、2回目の検診。

前回は1回目の検診の結果を聞きに、非常事態宣言下の六本木はゴーストタウンみたいなだった。
心ざわついて、新宿まで歩いたわ。

六本木ー新宿テクテクお散歩 & 今日のお買い物 「洋食やのまかないライス」「マンゴパフェ」
https://kusatsuna.at.webry.info/202004/article_24.html

このブログの最後の文―

>次の病院は、7月。
>その時は、安心に賑わっている六本木であってほしい。

この時より賑わっては、いた。
が、「安心に」ではない。
そして、「安心に賑わう」は、もうやってこないのかもしれない、という焦燥感。
そして、それも仕方ないんだね、という諦め感。

なにはともあれ、仕事前に六本木検診行ってきた。
前回は、患者さんもほんの数名でガランとしていた受付だけど、今回はめちゃ込み。
3つある受付がフル回転。

診察方法も…なんの理由だったか忘れちゃったけれど、感染防止という大きなくくりの 理由で変わってた。
「いいですか?」と質問されて、断る選択肢はあったんだろうか。
ないだろう。

診察はあっという間。
7月末に、検査結果をまた聞きに行く。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

11時にフリー。
13時半開始の仕事前にまだ時間がある。
今回は、足を痛めているのでお散歩できない。

ランチ食べよー。
カレー食べよー。
食べログでさがそー。

で、探したところに行こう!
と思ったら、ありゃ? 検索した結果がどこかへ行ってしまった…。

仕方ないので、芋洗坂先にあるシンガポール料理屋さんに行くことにした。
「カフェ・シンガプーラ 海南鶏飯」
ミッドタウンから、思った以上に歩いた先のお店は…。
やってないー!

後で調べたら、「このお店は休業期間が未確定、移転・閉店の事実確認が出来ないなど、店舗の運営状況の確認が出来ておらず、掲載保留しております」。
は! ツブれてる?

ここまで足をひょこひょこ歩いてきたのにー。
もう…。
来た道を戻るのはキライなので、麻布十番駅に向かう。

そしたら、途中「海南鶏飯食堂」の看板みっけ。
お、シンガポールに運命を感じるわ。

道を曲がって、お店覗いてみる。
木が生い茂る短い小径の向こうに、薄暗い店内。
なんか、雰囲気良い。

入る。
その店内に広がるアジアンの香り。
シンガポール!

メニューはないみたい。
「チキンライスとチキンカレーがあります」
と言われ、ちびと考える。
カレーを食べたい、と考えていた今日のランチだけれど、ここはチキンライスでしょ!

当たり。
わたし、正しい。
20200707_114511.jpg
これこれ。
ファストフード的にささっと出てきて。
え? て思うくらいシンプルなお皿。
ソースは、上から、チリ、生姜、醤油。
単発で使ったり、混ぜ混ぜしたり。
好きな味付けに。

しばし、シンガポールに来た気持ちに。

NY行き直前中止が大きなマイニュースであったので、それに隠れちゃっているけれど。

3月のNYのあと、5月のシンガポールを予定していました…。
MEDさんのフルアテンドでシンガポールを堪能するはずだった…。
NYがダメになった時に、5月が無理でも、6月? 7月? 飛ばして9月? と思っていた3月。
どこまでもポジティブ…。
というか、ノー天気過ぎる?

いいじゃない、夢見るくらいいいじゃない。
まだ今年中のシンガポール旅行、諦めてない!
待ってろ、MED(さん)!

*****************
海南鶏飯食堂 麻布十番本店 /ハイナンジーファンショクドウ
03-5474-3200
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13004747/
麻布十番駅、商店街をぐんぐん蔦屋に行く勢いで。その手前の看板を見逃さなければたどり着きます。
20200707_114338.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント