初釜山⑥ ホテル滞在型の旅の仕方(ホテル 「パラダイスホテル釜山」)

釜山ガイドブックを買わなかったのも、ネット等でこれぽちも勉強しなかったのも、去年の上海同様、ホテルどっぷり滞在型の旅にしようと思ってたから。

初日は、お夕飯食べた後、温水プールに。
20191208_212635.jpg
映え、デス。
この写真では全然伝わってないけれど。
真冬の夜のジャグジー、幻想的。
スマホ片手に温水につかるコリアン続出。
日本語はほぼほぼ聞こえない。

わたしは、夜なら日焼けを気にしないで済むし、水着から出るお肉(贅肉って言うんでしょうか…?)も構わないでいられるし。
言いことづくめじゃーん、と思ってつかってた。
ぬくぬく。

良い。
22時までオープンも、イイね。


2日目はホテル内のスパ・マッサージを予約。
20191209_130110.jpg
1時間半のバックマッサージ&フェイシャル。

予約時にホテル内では珍しく英語も通じない受付で心配になったけれど、施設は素敵。
20191209_130457.jpg
スタート前のお茶。
bsn2.jpg
スッパになって、紙パンツ履いて、バスローブ羽織って。
ここでSTMと並んで施術。
20191209_130852.jpg
最初ソフトタッチの背中マッサージが始まり、ヤバいと思った。
背中は基本、弱い。
ソフトタッチだと、さらに苦手。
触られるたびにビクッとなっちゃう。
が、すぐにゴリゴリ、強めのマッサージに代わってホッ。

30分の背中施術後、フェイシャル1時間。
丁寧にクレンジング。
背中施術の時は感じなかった眠気に襲われる。

自分のフガッ!に驚いたときはデコルテ中。
デコルテは大好き。
今回喉ぼとけ付近のあたりをぎゅっぎゅっと押され、ヤラレル、と思った。
あれ、もう少し強かったら、死に至ってそうな。
何に効くツボだった?

知らぬ間にされてたフェイシャルシートを外し、お顔マッサージ。
小顔&リフトアップ効果がありそうな力強いマッサージだ。
嫌いじゃない。
2日目のパックをされる間に、再びウトウト、からのフガッ。
このうつらうつら感、たまりまへん。

1時間半堪能。
20191209_143913.jpg

ホテルのお部屋は…まぁ、普通。
20191208_152437.jpg
贅沢にもゴージャスホテルに慣れ切った今、これを「普通」どころか「え、これ?」と思っちゃう辺り…。
わたし、バチ当たるデ。

STMの「いいじゃん、いいじゃん、素敵なお部屋だよ」にハッとさせられるわたし。

世間の皆様、すみません・
とりあえず謝っとく。
20191208_152454.jpg
シングルシンクでも、シャワーとバスタブが一緒でも、ラグジュアリー感の欠けるシャワーカーテンがあっても…。
これはこれで十分、覚えておけー、わたし!

シティビュー。
bsn3.jpg
ホテル全体像。
20191209_110817.jpg
パラダイスホテル釜山。
https://www.paradise.co.kr/ja/business/hotelsBusan

3日目はSTMが寝ている間の朝に30分ランニング。
20191210_083627.jpg
そのあとだっけ、かな。
裸の付き合いのサウナも堪能。

ホテルライフを十分に満喫。
これ、らくちんで、贅沢。


(2019年12月)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント