早く仕事が終わった夜はお散歩&お勉強、と、キムタクとニノの演技力に圧倒! の映画 「検察側の罪人」

17時に仕事を終え。
近所を1時間のお散歩。

あのよく行っていた”カラスミのお店”はどうしているだろう。
店前まで行ってみる。
中に店主と奥様はいる様子。
外にはテイクアウトしますの看板と「Close」の札。
20200408_193817.jpg
声をかけたいような。
かけてはいけないような。

18時になったら「Open」に変わって、2時間だけの営業をしないかしら。
そうしたら、ルッコラのサラダとカラスミパスタとワインをデキャンタで軽くいただきたい。
一周お散歩して帰りに覗いてみたけれど、「Close」のままだった。

寂しい気持ちでおうちに帰る。

19時からの1時間、中国語の勉強をして、あぁ、こういう静かな夜もいいものね、と。
20200418_083221.jpg
買ってるから、テキスト。
4、5月、中国語と英語と。
三日坊主にならなきゃいいけどねー。

20時。
Amazon Primeで映画観よう。
何観よう。

翔んで埼玉、がバカらしそうで良いかも。
と思いつつ、キムタクとニノの「検察側の罪人」。

これ、上映になった時にいろんなテレビ番組で宣伝、めちゃしてた。
キムタクの兄貴っぷり。
ニノが先輩を立てる後輩業に勤しんで…。
嫌な気持ちになるわけではないけれど、なんとなくジャニーズの縦社会と。
二人の関係が、嘘っぽくて、ちょっと白けてた。
(めっちゃ、観てたけど、観てたからそういう感想になるんだけど)

…が、観始めたら、すごい引き込まれ方しちゃった。

ニノの容疑者松倉を責め立てるシーン。
キムタクがピストルを用立てた後の心の動き。
鬼気迫る二人のぶつかり合い。

95%がそう言った緊張のシーン、セリフ回しなのだけれど。

その中で、ふっと気持ちを緩ませてくれる諏訪部の軽妙な言動。
ニノと吉高由里子がキムタクを追って入ったラブホの、ニノの微かなわくわく感。
「最初のキスはわたしからするって決めてる」の吉高のカッコよさ、オトコになるニノ。

そういうのがちょっとだけ緩和剤になって、見応えのある映画でした。

なんか、ボキャブラリー0パーセントだけど。
「ニノってすげぇ」。

あと、なんやかや、わたし、キムタクの映画観てるのよ。
しかも映画館で。
2017年5月「無限の住人」
https://kusatsuna.at.webry.info/201705/article_9.html
2010年10月「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
https://kusatsuna.at.webry.info/201012/article_4.html
なんで?!
やっぱり…。
「キムタクもすげぇ」なのか。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

映画観終わった後、しばらく「ほぉ」…と呆ける。
You Tubeでちょこちょこ観ている嵐のコンサートの続きにAmzon Primeからスイッチ。

ちょうどそこに、ニノのソロ曲「Gimmick Game」。
めちゃ、かっこよかったよ。
俳優、歌手、ジャニーズ、本当に才能あふれてる。
「二ノってすげぇ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント