NY作戦は、その一言で幕切れ、ホッとする自分がいたのも事実

・・前回からの続き・・

KGさんの悪魔の囁きと、わたしの酔いから気分で、るるるん、な気持ちで就寝。
NYへ行こう! の決心。
が、何度か目を覚ました。
飲んで遅くに帰ってきて、起床時間まで、それほど長い時間じゃないのに。

起きては、「行こう」の決心は正しいのか? と自分に問いかける。
しかも、正攻法じゃない。
なにかあったらどうする?
コロナにうつる、だけでなく、飛行機が落ちたら? NYで銃撃戦にあったら?
治るかもしれないコロナより最悪な事態、考える。
生きて帰るのも、死んじゃったあと悪口言われるのも、イヤだなぁ。

ちっちゃい自分がいる。
いや、それ、ちっちゃいんじゃなくて、悪魔の囁きに戦う正しい自分、でしょ?

それでも、それでも、と思う。
どうしたらいいのー。

いつまでこの海外渡航を控えればいいんだろう?
もし長引くなら、誰かが「行く」という決心をしてもいいでしょう。
それが、わたしでもいいんじゃない?
部署でまとめている海外渡航者のエクセルのデータの先頭には、わたし。
パイオニアになるには、いい気がする。

でも。
行ったら、サラリーマンとしては、もうアウトだろうな。
部署のトップが、半ばキ●●●的に渡航を止めているのに、それを振り払うように行くには…。
「勇気ある」と極々一部には賞賛されるかもしれないけれど、それは呆れる方に強く傾く意見だろう。
今後、仕事で最もなことを言っても、ずっと「あの時、部門長の意図を組まずに海外行ったアホ」として、わたしの意見なんか聞いてもらえなくなるだろう。

それでも、行きたいのか?
わたしは、それでも、行きたいのか?

仮に、NYに行って、その時のルールでは、帰国後2週間の在宅勤務。
迷惑かけるとしたら、同僚たち。
いいかな? と訊いたら。
みんな、わたしがNYに行くのを楽しみにしていたのを知っているから「いいんじゃない?」と、本心かどうかわからないながら、嫌な顔はしない。

揺れる心。
とりあえず、EMさんにわたしの会社の現状を伝えた。
正直に、「困っている」と。

夕方、EMさんから電話。
「わかった、じゃぁ、今回はやめよう」
EMさんが、すっぱり。

今までわたしがうじうじとしていたのを一蹴するかのように。
「そういう状態でCNちゃんが行っても、きっと楽しくないよ。わたしも楽しくないCNちゃんと行くよりもいい。次を考えよう。秋のロンドンもある」

本当の本当は、行きたいわたし。
でも、行けないんだろうな、と感じていたわたし。

今回NYに行かない決心をしたのは、わたしじゃない。
EMさん。

ごめんね、ごめんね。
EMさん、楽しみにしてたのに。
わたしは、ずっと会社の動きに翻弄されていて、勝手に心揺らされていた。
EMさんは、わたしに突然「困っている」と言われて、決心ができた。
スパっと。

そして、正直、本当に正直、ホッとした。
EMさん、ありがとう。


ホッとした事実。
でも、悲しかったのも事実。

あっちゃんが、付き合ってあげるよーと、飲みに行ってくれた。
20200303_191940.jpg
なんだっけ?
なんでもいいの。(お店には悪いけれど)

わたしに必要なのは、ワイン。(この日に限ってのことではないけれど)
20200303_192856.jpg
「Dry Sparkling ITAMAE Brut 八戸」
20200303_200318.jpg
本気で食事、思い出せない…。
20200303_201144.jpg
「TAKAYASHIRO Pinot Noir たかやしろファーム」

おつまみピザ、ハバネロソース。
20200303_205006.jpg
辛いもの食べたせいか、見た目わかりやすいからなのか、ここでの記憶は若干あり。

ん?
20200303_213020.jpg
白・赤ボトル空けて、さらにここに2本…。
あっちゃんとふたりで、別々のグラスを飲んだんだよね、きっと。

このデザートは…。
20200303_213954.jpg
まさか、わたし…?
いや、あっちゃんが、食べたんだよね?
一口くらいは、わたし、食べたのかしら。

てか、グラッパまで飲んどるやないかーい。
20200303_215651.jpg
「カタシモワイナリー 葡萄華 グラッパ」

あっちゃん、ありがとう。
癒された。


@葡庵 Bu-an (ブアン)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント