帯広十勝川物語⑧ また来ます! の三余庵、と、バスを追いかけるヒトたち & まとめ

早起きして、三余庵のお風呂に浸かる。
やほー。
極楽、なのだ。

そのあとに朝食。
20190416_083336.jpg
三つの飲み物で、カラダヘルシーにリセット。

和洋チョイスの朝食、わたしは比較的毎回和食。
20190416_084337.jpg
シンプルだけど、土地のモノを感じる新鮮さ、温かみ、旨み。
20190416_091347.jpg
デザートも付けちゃった。

11時のチェックアウトまでゆっくり。
帰りも無料バスで帯広まで。

バスの時間まで1時間。
豊洲亭に移動して、お土産をゲット。
ホテルの人が、外は寒いのでバスが来るまでロビーでお待ちください、バス来たら声かけます、の言葉に甘えて、十勝川を臨みながら待った。
20190416_111939.jpg
…ら。
あら?
バスがちらりと見える。
あれ、わたしたちの乗るバスじゃない?
きゃー。

フロントから女性が走ってくる。
STMも駆け出す。
わたしは全然遅れて後に続く。

バスがゆっくりとホテルの小さなロータリーを回る。
STMはほぼほぼバスに手が着くくらいに近づいたところで。
バスが加速。
行っちゃった。

行っちゃったー!

ホテルの人はどうする!?と、フロント奥に戻る。
STMが「どうして止まらんとー?」とぷりぷりして戻ってくる。
わたし、ごめん、爆笑。
二人の一生懸命さに。

バスの運転手さん、平日の昼間、そんな時間に、お客さんが来るなんて思わなかったんだろうね。

結果、ホテルの送迎バス? バンに乗って帯広駅へ。

今回の旅行でお世話に帯広バスターミナル。
ob8.jpg
帯広空港では、白もちたい焼きと北海道限定のサッポロクラシック。
19-08-25-12-56-50-664_deco.jpg
ぷはー。
たい焼きは十勝大福本舗さん。
もちっとして美味しい。
スイート十勝の〆にグッド。

久々の三余庵、久々の十勝、楽しかった。
お付き合い、ありがとう、STM。


<お土産たち>
ob9.jpg

<「19年4月帯広十勝川物語」まとめ>
19年4月 帯広十勝川物語① のんびり帯広、昼発の余裕
帯広グルメにカレー?! (お店 「インデアン まちなか店」)
帯広市内お散歩は、ガラーン、なつぞら、十勝無敗 (お店 「旬創旬家 無双」)
ドーミーイン帯広で、温泉、夜鳴きそば、ミニ豚丼

バス旅で帯広から十勝川温泉へ
“わたしの”お宿、三余庵へ
三余庵でいつも通り、美食 & おまけのおいなりさん

番外
NADとヘルシー絶食を目指すのだ、と、帯広旅行付きのほっぴん記録(10K=9分の4、NAD=2)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント