ミュージカル「エリザベート」で、夢見ごごち (お店 「カフェ・ド・セントロ」&「DONA」 @日比谷)

CEKちゃんから、「エリザベート」のお誘い。
会社の飲み会があって、一度は行けない…と無念のお断り返事をしたものの、折角の「エリザベート」。
昼間の回だって言うから、やっぱり行きたい!のお返事。

久々の帝国劇場。
20190816_113831.jpg
久々もなにも、最後がいつで、なんで行ったかは、全く記憶ない。
久々のミュージカル。
これまた、最後の記憶はゼロ。

始まる前に、帝劇ビルの地下で、一杯引っかけマス。
ランチの時間だからドリンクだけはNGってお断りされたのに、CEKちゃん「端っこでいいので」。
その、お願いに、お店のヒト苦笑いして「今日は特別に…」と。

スミマセンスミマセン。
ありがとうございます。
この感謝、わたしの“大人気ブログ”に、めちゃ誉めて掲載シマス。

15分程度、ごくごくっとハイボールを頂いて、いざ。
20190816_122704.jpg
誰がどれで、どれが誰?の、知識ゼロ。
あんまり前情報を欲さないタイプ。
20190816_122428.jpg
知っているのはCEKちゃんがとにかく推し推しの井上芳雄と、わたしの中ではバラエティー枠の山崎育三郎と、辛うじて涼風真世。

とりあえず、その筋では有名どころ、中々の顔揃いではないか、と言うことはわかる。

あと、場内の見えぬ熱気も感じる。

2階の全体が見える席は、CEKちゃん的には無念そうだったけれど、久々のミュージカルはこれくらいの距離が気軽に見ることできて、反ってよいと思う。

始まった時に、マイクを通す声に少し違和感を感じたのだけれど、すぐに、そんなこと気にならず。

お隣に座ったCEKちゃんのママ友が、始まる直前にレクチャーしてくれた物語も、最初はついていけない。
けど、3~4曲目くらいになると、耳がミュージカル耳に変化して、曲に乗った台詞も聞き取れるようになるから、物語に追い付いて面白くなる

そして、井上芳雄の歌声は圧倒された。
CEKちゃんは去年のクリスマスに井上芳雄体験済みだった。
推し推しの理由はそれだ!

黄泉の国の帝王の雰囲気、出で立ちも、カッコ良いけれど、その声量、感情、凄い。

わたしミュージカル歌手だったら一緒に働きたくない…。

大丈夫。
わたし、ミュージカル歌手じゃないから。

なんかそんなどうでもいい想像しながら、井上芳雄の歌声聴きながら、気持ちがどこかへ飛んで行った。
ちょっとした、ヘッドマッサージみたいな。
悟空のきもち、的な。
ふわっとした感覚。
夢だったのかも知れない、みたいな。
20190816_123429.jpg
棚ぼたで行かせてもらった「エリザベート」だったけれど、感動させてもらいました。
CEKちゃん、ありがとー!

***************************
カフェ・ド・セントロ 丸の内店
03-3216-7911
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13039895/
感謝のお店。お盆にかかる時だったから、特別に入店させてもらえたのかな。
20190816_120422.jpg
濃い目のハイボール、美味♪

***************************
イタリアンダイニングDONA
03-3519-5713
https://www.towafood-net.co.jp/dona/tabid/80/Default.aspx
観劇後、ペニンシュラやハイアットセントリックや、そういうオシャレなところで一杯…と思っていたのだけれど、なんてことないチェーン店で一杯、二杯…カラフェ。
0816.jpg
CEKちゃんも、わたしもそのあと用事があるからクイックに、パクパクパク。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

裏「エリザベート」

なにも考えなくて浅はか小娘のワガママ物語。
黄泉の国の帝王は、ロリコンからスタートし、ストーカーへと。
山崎育三郎の、シェークスピア劇で出てきそうな道化役、進行役が一番人間的。

と。

どうも。

井上芳雄はGACKT、山崎育三郎は斉藤工、エリザベート演じた人は羽野晶紀にしか見えなかった、とか、なんとか…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

CEK
2019年08月19日 11:52
ミュージカルの面白さを初体験!
お付き合いありがとー🎵
DONAもセントロも居心地良く満足。
CEK-sanへ
2019年08月21日 09:32
飲んで、観劇(感激)して、飲んで…。
その一連の動きが思い出に残るねぇ。
お誘い、本当にありがとうございました!