オータニの夏祭りでバイトしていたことを思い出す (ホテル 「ニューオータニ」 @赤坂見附)

ホテルニューオータニの夏祭りにお呼ばれ。
半分お仕事、半分楽しむ。
20190704_191510.jpg
鳳凰の間、デス。
タイヘン賑わってマシタ。
0704.jpg
お酒はふんだんにあるし、お食事もちょこっと並ばなくてはいけないけれど、あれこれ用意されているし。
はっちゃけたいところだけれど、なにせ半分はお仕事。
新人さんたちの手前、若干の緊張を強いられる。
わたしらしくいられないなんて、やだやだ。

ぐるりと回って、一番並んでいないカツサンドゲット。
20190704_192106.jpg
お肉ふんわり、肉汁ジューシーで、めちゃ美味しい。

オータニの夏祭り、なのに、口に出すと、オークラ? オータニ? と二つでちゃう。
どうして、似たような名前のホテル作っちゃうかな。
わからなくなっちゃうじゃん、ねぇ?
と、チームの人に言ったら、わかります、と言われた。
そっかー、わかるのかー。

オータニ、オータニ、とつぶやいていたら、思い出した。
わたし、オータニでバイトしたことあった。
確か、クリスマスから年末年始にかけた、繁忙期。
夜最後の時間まで働いて、朝いちばんも働くシフト。
大きなホテルだから、そういう働き方をする人も多いらしく、宿直室と言うのかしら。
そこそこ大きなお風呂も、ベッドも用意されていた。

当時、別のホテルのレストランでバイトしていたわたし。
お金が欲しかったのかなぁ。
細かいことは記憶がないけれど、クロスのかけ方とか、シルバーの置き方とか、プライド持って行なっている、って感じだった。

なーんてことを。
何十年ぶりかの東京音頭を踊りながら思い出した。
20190704_205016.jpg
オータニでのバイトも、東京音頭の盆踊りも、昔話だ。

最後に、禅のお部屋の見学。
20190704_212405.jpg
高級ホテル慣れ(泊まる、ではなく、見学、の方)していると、いろいろ感じてしまうけれど、クラブアクセス付き、天下のオータニ、そりゃ、一度は泊まってみたいお部屋では、ある。

プールではパーティ。
パリポ、ってやつだー。
20190704_212247.jpg
いるですよ、リアルパリポ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント