19年2月 屋久島・サンカラ日記① 裏山ミニミニトレッキング&たんかん狩り

((なぜか、④から始まってますが…、屋久島日記スタート)


福岡空港からプロペラ機(って言うんだよね?)に乗って、屋久島へ。
画像
高級車(と、言うことを賢島で知った)アルファードでお出迎え。
一路(途中でスーパーに寄ってもらい)、ホテルへ。

うわー。

想像通り、いや、それ以上に、ラグジュアリー。
しかも、予想外の晴れで、リゾート感がましまし。
画像
気持ち良いから、と、外でウェルカムシャンパン(正しくは、柚子が入ったスパークリングワインのカクテル)。

カートでお部屋に案内されて。
うぎゃー!
このラグジュアリー感!

ウッディな全体像。
画像
広々ディベッド。
画像
機能的ながら優雅なバスルーム。
画像
なんだ、この贅沢さは!
いいのか、こんな贅沢を知って!?

しばし、ほけー、としてしまいました…。
画像

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

小一時間くらいのガイドをバトラー(かっこいー)がしてくれる、と言うので、お願いした。

ホテルの裏山を小30分。
画像

ブルーの実、赤の実、ピンクがかった姫沙羅の木、苔をまとった岩岩、蔦に絡まれた樹々。
うっそうとした中での森林浴。
気持ち、洗われる。

裏山のあとはホテル敷地内の花たち。
画像
ポインセチアの真ん中はクチ開けた子達がたくさんいるし。

たんかん狩りは今が旬!と、バトラーTさん。
わたしたちへの見本を言い訳にして、ひとり先に狩ってムシャムシャムシャムシャ。
皮がきれいそうなたんかん選んで、雑にむいた皮は自然に戻す。
つまり、木の根本に捨てる。

Tさんが、「今年も良い出来」と美味しそうに食べるのに続いて、わたしも。
画像
まー!
外の皮は剥きにくかった。
みかんだと、こういうのはあんまり美味しくないんじゃないかな、と思っちゃうんだけど、たんかんはそんなことがない。
中の皮までジューシーで、口に残らずパクパク食べれちゃう。
しかも、甘すぎず、ナチュラル。

たんかん、堪能。

お部屋に戻って、ビール堪能。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック