賢島物語⑧ 最終日ものんびり、ビスタカーで帰途 & おみやげとまとめ

2泊3日の賢島滞在。
大して決めない、あくせくしない。
のーんびり、シマカンを中心に動く。

贅沢な旅だった。

最終日、館内の温浴施設でのんびり。
岩盤浴風の温かいお部屋の灯かり取りの窓から桜が見える。
画像
これは前日の宝生苑のお庭の桜。

朝食のーんびり取って、パッキング前に、ホテル内のブティックでお土産ゲット。
画像
二日酔いの薬、萬金丹。
それにあわびごはん。
自分で作る最中。
画像
荷物を送って身軽になり、最後にクラシックのラウンジで、みんなでボケーとして、シマカンにお別れする。
画像
さよなら英虞湾。
さよならシマカン。
またいつか、きっと。

ところで、最後のラウンジでのんびりしてる頃からわたし、弱ってきた。
弱ってないフリしてたけれど、帰りの電車「ビスタカー」に乗っている時に、弱ってた。
画像
“家族5人”でサロンカー。
画像
どちらかと言うと、入口に警官立って、犯罪人を輸送するための囲われた席感が否めない気もする。
KNちゃんは荷物置き場にまっすぐと寝て収まっちゃう。

サロンカーでうとうといして、少し元気。
画像
名古屋について、駅地下でご飯。
ビールは飲んでた。
この、お水と見せかけたものは、焼酎…?
弱ってたんじゃないのかいっ。

ところで、昨年に続いての名古屋、この最後のご飯が今後の課題。
前回、デパートの最上階レストランが激混み。
今回、うまいことみつけられず。
いつでも、次の旅行の課題があるのはよいことだ。

のんびり賢島に大満足と、珍しく体調的にクタクタで帰途。
毎週旅行の3週目、疲れもするでしょ、わたし。

でも、最後まで楽しめたのはCEKちゃんのおかげ。
SKGE家のおかげ。

Thank you all.


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2018年3月賢島物語

旅経験が多いほど、イロイロツキモノ
ヒトリ、テツコ (伊勢志摩ライナー&しまかぜ)
庶民的海鮮焼き (お店「中義水産」) & 優雅白ワイン@シマカンラウンジ
シマカンから宝生苑へ、伊勢志摩サミット記念館へのお散歩
シマカンからプライムリゾートへ、サイクリング

二日続けてお夕飯難民 ルームサービス & お店 「六本木」 @鵜方
王道シマカン

番外
我を忘れる飲みっぷりと、“のんびり”を大連発の志摩旅行ほっぴん記録(10K=10分の5、NAD=2)
志摩の思い出で、あわびごはん、& 鶏とゴボウのあったか卵とじ、湯豆腐鍋

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

CEK
2018年10月12日 10:56
また行こう!いつ行こう?
こちらこそ、あなた様の恩恵に賜りまして。
お礼を言わなきゃいけないのは、こっちでしょ。
Thank you all 💓
CEK-sanへ
2018年10月14日 14:40
次に行くのは、RRちゃんの、忍者学科入学が決まる頃…かな?

この記事へのトラックバック