賢島物語⑥ 二日続けてお夕飯難民 ルームサービス & お店 「六本木」 @鵜方

(いまだ賢島物語…)

初日の夜。

CEKちゃんは昼間のお酒にやられてた。 (そんな感じではなかったけれど、どうもCEKちゃん的にはそうだったらしい)

なんとなく夜までダラダラしていた。
CEKちゃんがお夕飯の音頭を取ってくれないと、わたしたちお夕飯にありつけない。

さすがにお腹空き始めたCEKちゃん以外がかすかにざわつき始める20時頃。
ホテルガイドを見ると、さすがゴージャスホテル、フレンチに鉄板に和食もコース?
時間もそこそこ遅くなってきたし、CEKちゃんは食べたくないって言うし、軽くなんかを。

で、ラウンジ&バーに軽食あるとのことなので、そこに行こうとしたら、KNちゃんがNG。
バーだから、お子様はダメ。
あたた。

結果、ルームサービスで、わたしはおうどんをツルル。
画像
なんか、すべて高級ダッタ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

二日目の夜。

CEKちゃんの予定では宝生苑で温泉入った後に、家族宴会。

が、予定通りにはいかない。
のんびりと温泉入ったあと行った宝生苑のレストランは、予約のお客様でいっぱい、と言われてしまった。

さて、どうするか?

スマホ、駆使した。
検索、たくさんした。

ようやく見つけた、お隣りの街、鵜方の六本木。
まさか、賢島に来て、「六本木」。

めちゃ、地元の居酒屋さん。
画像
唐揚げ二皿。
CEKちゃんらしい頼み方。

海に近いからお魚は、美味しいよね?
画像
お刺身どどーん。
画像
SKGC家とのお食事会では、写真撮るためにお魚の向きを変える、なんてない。
食事来る、食べる。
速攻、食べる、が原則。
バクバクとワイワイと。

お夕飯難民にならなくてみんな満足。

最後、お店の車で…送ってもらった?
いや、タクシー呼んだんだっけ?

近くのコンビニにRRちゃんとお散歩した。
アイス、買ってた?
わたしは、お酒買った?

さすがに忘れた…。
何か月前のことだー!

*********************
六本木
0599-43-4126
http://roppongi-shima.com/
なんと、深夜1時半までやっとります。HPは10か国語ぐらいに翻訳できるように作られている。なかなかのインターナショナル。なぜ、「六本木」なんだろう。聞けばよかった。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

教訓!
賢島に行く時、ホテルでご飯を食べるつもりがなければ、お夕飯場所はあらかじめ確保しておきましょう。


(2018年3月)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック