京都物語⑦ 赤の鳥居、伏見稲荷神社 & 護王神社

京都に行ったらどこに行きたいか?
思いつくのは、清水寺、金閣寺、銀閣寺…えとー。
あとどこ?

あまり寺院に興味がなく、なにを見ても忘れちゃうから、積極的にどこどこに行きたい! が、ない。

京都は何度も行っているYKちゃんとどしようかー? と話している中で、出てきたのが、伏見稲荷。

キーワードは赤の鳥居、フォトジェニック。

ゴージャス朝食を終えた後、バスを乗り継いでいざ。
人気スポットの割に、バスの本数が少なくてびっくり。
1時間に3本くらい?

でも、到着すると、ヒト人ひと。

京都に来て約1日半、一番人波におののいた場所。
ガイジン率も高い。

バス停から参道を抜けて10分程度歩いて、じゃじゃじゃん。
画像
真っ赤ー。

次にきつねがイケメン。
画像
しっぽに金色のアクセサリー。
なんでも、派手。

YKちゃがは御朱印もらったあとに、わたしおみくじ。
今年初のおみくじ、と気合を入れたのに出てきたのが…。

吉凶相交末吉(きっきょうあいまじわりすえきち)

いやん、凶の字、出ちゃった。

でも、縁談は「よし」、待ち人も「きたる」。
待ち人、って、わたしは誰を待ってるのー?

いよいよ。
画像
赤い鳥居。
すごーい。
たくさんの鳥居。
人波が途絶えた時に撮った写真なので、シンとした感じだけど、実際は人ばかり。

歩き始めると、鳥居、鳥居、鳥居。
画像
どこまでも鳥居。
どこまで鳥居ー?
とそろそろ飽き始めていたところに地図。
きゃ!
画像
まだスタート時点だった。
池のところまで行ってみようと決めて。
画像
途中で「根上がりの松」をくぐったり。
画像
きつねさんに会ったり、池というより沼みたいなのみたり。
もういいだろう、と、戻ることに。

いやぁ、赤の鳥居に圧倒された。
何本、あるんかしら。
距離にすると4キロですって。
甘く見ていた…。

もう一つ目指すは、9年ぶりの公開という「伏見稲荷大社 お茶屋」。
画像
いろいろ説明も受けたけど、ごめんなさい、覚えてない…。

お部屋の灯り取り? 素敵だった。
画像
気持ちが落ち着く素敵なお庭。
画像
赤い鳥居までの伏見稲荷は人&人だったけれど、ここは有料の場所でもあるせいか、とても静か。
忘れちゃってはいるけれど、説明も丁寧でお勉強した感じがしたー。

意外と大満足。


その後、伏見神社近くの東福寺に行くか、YKちゃんが気になっている護王神社にするかを迷って、護王。
別名足腰神社?
画像
YKちゃんのおかーさんの、痛い足が治りますように。

(18年2月)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック