京都物語⑫ ラスト朝食はリッツ、ピエール・エルメのデニッシュにお呼ばれ

到着した日の朝食、お米を主役にした「喜心」。
二日目は、ゴージャス鶉粥の「瓢亭」。
三日目は、ホテルで朝食にしようと決めてたけれど、和定食と洋食ブッフェどちらにしようか悩んでた。

なので、ホテルの中を案内してくれたNさんにどちらがお勧めですか? と訊いてみた。
ピエール・エルメのパンが食べられるので、パンがお好きならブッフェがお勧めですね、と。

パンが特別好き、というわけではないけど、わたしも知っているピエール・エルメ。
ミーハーなので食いつきマス。
画像
京野菜たち。
なんちゃらビネガー、カラダに良さそうなものは、とりあえずなんでもいただいてみる。
パンコーナーから、ひとつだけ遠慮がちに持ってきたパン、デニッシュ。
カロリーが怖くて、たくさん持ってこれない…。

YKちゃんチョイスのお皿。
画像
YKちゃんは勇気をもって、クロワッサン イスパハンを取ってきた。

たまご料理は、キッチンから作り立て。
画像
YKちゃんのエッグベネディクト、わたしのオムレツ。
エッグベネディクトの醍醐味、黄身たら~り。
画像
何度かお代わりに立ったけれど、パンに行けず…。
なぜなら、なんだかこの日、いつも以上にカロリー恐怖症になってた。
チキンめ、わたし。

せっかくのピエール・エルメだったのぃ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック