京都物語⑪ シック&ラグジュアリー ホテル「ザ・リッツ・カールトン京都」@二条大橋)

今回の京都旅行は、「リッツカールトンに泊まる」から始まった。

ザ・リッツ・カールトン京都

地下鉄の京都市役所前駅から歩いて5分程度のところ。
シックな(ちょっとわかりにくい)入口から入って、鴨川沿いに建つ細長い建物。
画像
ホテル入口。
夏だったら涼しさを感じる水の流れ。
画像
建物すぐに入ったところ。

ベッドまわりはシンプル。
画像
お風呂は洗い場とバスタブのあるタイプ、当然のダブルシンク。

ホテル内見学をさせてもらった。
画像
いろんなお部屋からの鴨川の顔。
細長い建物なので、各お部屋によってちょっとづつ違うのも魅力。
右下はガーデンビュー、というよりお墓ビュー。
最初は竹の目隠しはなかったらしいけれど、お墓が見えるのが嫌がられてあとからつけたらしい。
街中にお寺の多い街なので、お墓が見えないところを探す方が難しいんですけどねぇ、みたいなこと言ってた。
だよねぇ?

見学だけだけど、いろんなレストラン。
画像
鮨コーナーは、珍しく女性の握りもいただけるらしい。

ホテル内には、あちこちアート。
画像
下の赤いのはエレベーターホール以外にもちょこちょこお目見え。
わたしには、鈴木亮平のなんちゃら仮面にしか見えなかったけど…。


プールは朝にのんびりぷかぷか。
広くはないけれど、わたしが行った時は独り占めだったので、十分な大きさ。
画像
左の写真はプールに行くまでの廊下。

翌日は、お部屋のお風呂でぶくぶく泡風呂を楽しむ。
画像
お風呂も気持ち良い~。

2日間と決して長くない滞在だったのに、なんだか「わたしのおうち」感覚を強く感じる素敵なホテル。
リッツは、やっぱり素晴らしい。

(2018年2月)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック