我を忘れる飲みっぷりと、“のんびり”を大連発の志摩旅行ほっぴん記録(10K=10分の5、NAD=2)

3月18日。10008歩。勤務。9-19:30。前夜それほど遅くまで起きてた訳ではないのに、朝のアラームで起きた時、既にぐったり。時差ボケもないはずなのに、つ、疲れが…。でも、行くよ、会社。比較的平和。神様ありがとう。FCLは、15時半。
画像
ランチ終了したら、就業時間終了だー。…なのに、ランチ行っている間にトラブル。その見守り&フォロー(同じか?)。で、お散歩帰宅。帰りに久々ネコ会議。一匹だけだったけど…。
画像
温くなったからかねぇ。魔法のスープ材料その前にゲット。作って飲んだ。NAD。

3月19日。10005歩。勤務。11-22:30。前夜、金縛り的な夢、悪夢だ。なにやったかは忘れたけど…。たぶん面接&面接。誰も捕まらず、とぼとぼ帰宅、は覚えてる。NAD。

3月20日。7688歩。勤務。10-19:30。2日連ちゃんの金縛り的夢。なんでー? NADが向かないんじゃないのー? 朝から面接。夜は、今季最後のお勉強。2年目終了。成長はあるのか? お勉強後打ち上げ。おうち帰宅。

3月21日。3897歩。オフ。午前中たらり、ながらも週末旅行のスーツケースパッキング&セブンイレブンに持ち込み。小雪降ってた。夕方からお出かけ。居酒屋でわいわい。この日はベビたちがいるせいか、わたし軽めのお酒。それでもゴクゴク。十分飲んだはずなのに、アパート帰宅途中で、SWT…が、わたしの人生、変えちゃいそう。キーワードは、雨、寒い、震える、最後、痛い? ヤバい…。

3月22日。2055歩。期せずしてオフ。この2000歩は、前夜、というか、早朝の話。語るべきことなし。

3月23日。10079歩。勤務。14:30-22:30。気持ち新た(?)に洗濯。近所のドラッグストアとコンビニにお買い物。ランチは前夜絶食を考えて、ガッツリ麻婆丼食べちゃう。
画像
12分散歩&バス、のつもりがなんとなく歩いてしまった。1時間半のミーティングがあったことが不本意。FCLもミーティングルームでこそこそと。その後お散歩を兼ねながらATMへ。仕事らしい仕事をせず、おうち帰宅。飲むは、飲む。というかお腹空いてしまって、夜中のカップ麺、しちゃってたね。バカ-。

3月24日。1492歩。オフ。だららー。マルエツ買い物。早目(24時?)就寝。

3月25日。10252歩。志摩旅行1日目。5時半起き。6時半出発。順調。…が、人身事故にあい、焦ったー。心臓バクバク。機転が利いて結果、間に合う。結果、オーライ。近鉄に乗って、一路、いや、二路、で賢島へ。ランチに海小屋みたいなところで海鮮焼き。ホテル大風呂で、サウナやじんわり温かくなる部屋で横になってのんびり。お夕飯が危うく取り損ねるところを、ルームサービスでお腹を満たす。ベッドでナイトキャップウィスキーで就寝。

3月26日。13660歩。志摩2日目。7時半起床でわろてんか。朝食ビッフェのんびり。二班に分かれて、わたしたちお散歩で近くのホテル見学。
画像
桟橋で鷲? 鷹? に狙われながらのんびり。自分たちのホテルに戻って、ラウンジでのんびり。その後もう一班が帰ってきて交代で、ショートサイクリング。戻って、ふたたびラウンジのんびり。近くのホテルに戻り、温泉のんびり。予定がいろいろ変わって、最後居酒屋フィニッシュ。お部屋に戻って、べろんべろん。素敵なふんわりベッドがあるのに、まともやカーペットの上で3時ごろ目を覚ます。バカ。

3月27日。7546歩。志摩3日目。朝風呂。じんわり温かくなるお部屋の灯取りの窓から桜満開。絵心あったら書きたい。絵心がないから記憶したい。記憶力がないからこうやって文字。前日同様のビッフェ。ほんとにのんびりのんびり。チェックアウトしてまたまたラウンジでのんびり。…の頃から弱り始めた、よ。わたし。ラウンジカーでうとうとっとし、ちょっと元気。でも、持っていたビールも飲めず、名古屋飯も食べられず。無念ー。新幹線でもぐっすり。みんなにお別れし、帰途。疲れマックス。わたしの中で、本当の“疲れ”。いつもは苦痛でバス待ちせずに歩くけれど、今回は断念。ぐったり…。なにもせずに、20時半にはベッドの中に入っちゃった。佐川さんのニュースをうととと聞きながら、22時半ころには完全就寝。夜中、たぶん、発熱。ひー。さんざ遊んだあとに、病欠とかないし。まさかインフルとかだったら隠し通して出社しなきゃだし。いや、そんなことできないし。…をいろいろ逡巡しながら、気合入れる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック