去年に引き続き、人気お寿司屋さん開拓? (お店 「まんてん鮨」 @東京)

人気で、且つ、お値段お手頃のお寿司屋さんを、MWさんとの2015年お食い初めにチョイス。
意外と簡単に予約出来て、ラッキー。

東京駅近のこぎれいな(というより洋館登場…?)なビルの地下一、ってのは、お寿司をいただくのにはテンション高くならないロケーションではあるけれど、そこは“老舗感”よりも“こぎれい感”の方を全面に出しているので、よしとする。

苦手食材はちゃんと聞いてくれるものの、基本完全お任せコース。

わたべ歩き@アメブロみたいに、どの料理でも、出てくるものを最初から書いてみたいような気もするけれど、出してもらっているソバから抜け落ちているワタクシには、そんなことは神業。

適当に思い出しながら、つらつらと。
(渡部建氏は、あれは、お食事いただきながらメモしているの? 記憶力がよいの?)

最初にシジミの出汁スープ。(身なし)
すっごいシジミ味が濃い。
この後、浴びるほど飲んでも二日酔いしなさそうな強力な味。
安心。(慢心してはいけません)

先付的に生わかめ。
これもまた、お食事は野菜から、とダイエッターには嬉しい一品。

そしていきなり、お寿司。
カンパチだったかな。
早くもお寿司に入ったから、おぉぉぉ、ここは次郎式か! 一気に寿司攻めか? とおののく。

けれど、ここからおつまみとお寿司のコラボ?
交互に、と、ちゃんと決まっているわけではないようだけれど、おつまみ→お寿司→おつまみ→お寿司の順番が、心地よい&どれも美味しい。
たらこのワサビ漬け、伊勢海老。
画像
海老、上手に食べられたか、お皿下げる時に、おねぇさんに確認してもらっちゃったよ。
「ほぼ完璧です!」って笑顔で答えてくれた彼女は…、きっとわたし産めてる…。

いくらたっぷりのいくら飯。
画像
お寿司を握ってくれるお兄さんは、みなさん、ほぼお坊さんのように神々しい頭をされて、清潔感もたっぷり。
話をするわけではないけれど、何かを質問したり、お酒をオーダーする時のやりとりの笑顔もステキ。
画像
ウニはバフンとムラサキ、だったかな…。
味の違いがはっきり。

お寿司の出てくるスピードが少し早いこと、MWさんとわたしが好むのんびり感がないことは、ちょっと忙しいけれど、二人でビールと焼酎2杯、日本酒2本飲んで、一人約¥8,000。
美味しいものばかり充分にいただいて、大満足だ。

今年の“お食い初め”(何度やるつもりだ…)続き、最高!

お食い初め(おくいぞめ)とは:新生児の生後100日目(または110日目、120日目)に行われる儀式。(Wikipediaより)

えぇえぇ、間違えてますよ、使い方。

****************************
まんてん鮨
03-6269-9100
http://www.manten-sushi.com/index.html
丸の内ブリックスクエアという商業施設?のB1F。行き馴れていないところのため、MWさんはあの辺りをぐるぐる。わたしは初KITTE体験をしたのち向かったら、奇跡的に迷子にならずに到着。あれは、奇跡。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック