数々のご馳走を楽しみつつ、叔父の17回忌を偲ぶ (お店 「懐石りんと」 @西国立)

マコトおじちゃんが亡くなって17回忌。

おじちゃんの思い出は、すっぽんと、七面鳥と、スモーク。
なんか、動物がよくいる家だった。
おじちゃんが飼い始めた、と、おうち行く度、すっぽんかー、七面鳥かー、と家の中に、庭の小屋の中の動物たちに挨拶。
コドモだから、オトナの話に入れず、退屈になると動物たちの顔眺めてる時間が長いから、自然、愛着感じる。

それが、年末だか新年だか、大きな親戚の集まりの食卓に上るという、動物たち。
コドモ心に、うひょ! と思ってた。

あの、愛嬌あるすっぽんが、七面鳥が、食われる~。
うひょ、とは思うけれど、残酷~とストレートに思うけれど、嫌悪感はなかった。
食物連鎖、を感じていたか?

少しオトナになると、おじちゃんがスモークに凝って、多摩川にバーベキューに何度か行った。
なんだかいろんな準備して、みんなに振舞ってた。
それまで、いつも酔っぱらってる(←事実)だけのおじちゃん、と思ってたのに、こんな趣味があるんだーと、小さな感動を覚えている。
でも、スモークは、まだわたしにオトナな食べ物だった。(←ビールとか飲めるトシにはなっていたはずだけど…)

晩年、というのでしょうか。
病気になって、何度かの入退院。
お見舞いに行って、おばちゃんと母が話しに花が咲いたのを、退屈だなぁ、と思ってしまった。
結構な“おトシ”なのに、わたしってばコドモ過ぎた。
それがすごくわたしの心の中に残っていて、おじちゃんにもおばちゃんにも、時々ゴメンね、とつぶやいている。
親戚の中では、わたしがどんなにトシを重ねても“Cちゃん”でしかない、表れなのでしょう、甘えなのでしょう。
ゴメンナサイ。

後悔、とは違うけれど、亡くなった人を思うとき、こういう自分の小さささ、コドモっぽさに呆れちゃわないように、年老いたチチハハの接し方に気をつけよう、と思うのだけど、思うだけ。

あ、話それた。

なにはともあれ、そのおじちゃんの17回忌。
今の世の、寿命を考えるとずいぶん早い死だったなぁ、と悼みながら、お経を読んでもらい、お墓にお線香をあげ、会食。

おじちゃんの娘であり、わたしにはいとこのKちゃんは、こういった法事の時、いつもおいしいお店をチョイスするので楽しみ。
こうなると、死者を偲ぶ、悼む、じゃなくなっちゃうけれど、17回忌ともなるとそんなものでしょう。
おじちゃんのことを思い出して、年老いた親戚たちがそれぞれの元気さを確かめて、あるいは病気自慢をするのが、常に違いない。

で、今回は、「りんと」。
仕出しやケータリングを主にやっているレストラン。
近くに斎場があるので、法事専門、に近い、はず。

店構えはステキ雰囲気だけど、お味はどうかな、と前から言ってみたいと思ってたので、Kちゃんナイス!
画像
親戚が各テーブルでわいのわいの喋っているので、お料理ひとつひとつの説明はないけれど、丁寧に配膳される数々のお皿。
残念ながら運転手でございますので、ノンアルビールでの献杯だけど、十分。
味もなかなか。
画像
見た目が特別凝ってなく、普通、と言ったらふつー、なのだけれど、意外とクオリティは高いなぁ、と、何様、的に関心。

最後に、松茸ご飯~!
画像
それまでの料理に、腹いっぺー、と思ってたのに、(絶対国産高級じゃない、とわかっているのに)松茸ご飯、がっついちゃった。

ほんとに、数々のお料理、ごちそうさまでした。
そして、親戚のみんな、あちこちガタが来ちゃっているけれど、まだまだ元気に、長生きしてください!

*********************
懐石りんと
042-521-3181
http://rinto.jpn.com/omisetop.html
JR西国立駅。法事専門、とか思ってたけれど、お料理のクオリティの高さには、驚き! サービスも本当に丁寧。もっと評価されていいと思う! って、わたしが勝手に、大したことないかもね、と思ってただけか…。すみません…。駐車場は併設されていないけれど、なんと! バレットサービス付き。目の前に車を置くと係の人がどこぞに車を持っていくという、アメリカ式のアレです。帰りももちろん車を持ってきてくれる。…なので、早く帰る人は、早めに言っておこう! わたしたち、このあと野球観戦のため、最後のデザートを待たずして店を出る。車が来るのを、少し待つ、という無駄な時間を過ごしてしまった。バレットなんて、日本にないもんねー。庶民はみかけないもんねー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック