ツアー本章 「世界遺産 キラウエア火山と星のツアー」 @ハワイ島

いよいよのキラウエア火山口へ。
太陽の高い時は…。
画像
火口からの白煙だけしか見えない。
そして、だだっ広い、アゲイン。
ただたた、広い。
画像
それが、夜になると…。

の、夜は、あとでのお楽しみ。

その前に溶岩洞窟を。
画像
探検、というのには楽チンすぎる20分程度のたらたらお散歩。

ディナー時間。
CEKちゃんの“ロコモコ”予想に反して、なんだかわからないけど、なんでも乗っけちゃえ丼。
画像
鶏肉とか、牛肉とか、ソーセージとか、お魚とか、なんとか、かんとか。
わたしはこれを見た時、悪夢のロタ島を思い出したんだけど、お腹すかせていたCEKちゃんが感嘆の声をあげたからいっかー。

ディナー場所は、広大に広がる草原、ならぬ溶岩原? なんていうの? 溶岩台地か。
…で、風に吹かれながら食べる。
結構ビュービュー、だからきっと食材が重いのね。
画像
お食事シーンの写真は、チヅコさん撮影。
プチピクニック、アルファ波がでて、パワーをもらえる感じがする。
ちょっとやそっとでは、体験できないディナータイム。

そして、メイン。
昼間は白煙だけの火口だったのが…。
こんな風に、オレンジに。
画像
…この明かり以外、真っ暗なので、ブレブレ写真だ…。
ここは、チヅコさんの写真を引用。
画像
さすが、です。
ありがとう、チヅコさん。

ここの駐車場で、天体望遠鏡を出して、月のクレーターを見せてもらった。
ツアー客のみんなが次々見れていっているのに、後半落ちこぼれはCEKちゃんとわたし。
望遠鏡覗いてもわからなくなっちゃったり、雲がかかってきちゃったり。
月は、違う、地球が動いているので、望遠鏡を何度もセットし直してもらって、ようやく、クレーター、はっきり!
そのあと、4人家族のお父さんも、落ちこぼれていた。
オトナたちは、心が曇っているから、クレーターも見ることできないのかしらねぇ。
反省。

帰りに、途中の溶岩原、溶岩台地、で、車を止めてもらって、星座教室。
さそり座、すぐにわかった!
流れ星を見つけるには、寝転ぶのがイチバン! と、みんな(年配の品の良さそうな? オバサマは「あら、みんなすごいわねぇ」と立っていた中)で、車の走る道路から少し外れたアスファルトの上にだーっと、寝転んだ。

地球の大きさを感じる~。
これまた、そうそう体験できないこと。

半月から満月に近づいている月明かりが強くて、なかなか流れ星を見つけられなかったけれど、小さい流れ星、2つみっけ!

最後に星空をバックにパチリ。
画像
意味なし写真だけどー。

13時から23時くらいまで。
移動も多いツアーだったけれど、その移動もハワイ島の大きさを感じることができて、楽しかった!

チヅコさん(fromマサシズネイチャースクール)ありがとうございました!
*チヅコさん撮影の写真は、無料でHPからダウンロードできるサービス。これって、素晴らしい! ディズニーランドに学んで欲しい、えへ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック