原点回帰、な気分の和食 (お店 「賛否両論」 @恵比寿)

恵比寿からお散歩で「こんや」というこじゃれ居酒屋、HKRちゃんの紹介? しばらくお気に入りのお店として、行ったなー。
もともとリピーター気質じゃないわたしとしては、“通った”ってイメージくらいには行った。

そのつながりで、当時から予約が取りにくいお店、「賛否両論」も行った。
和食のコースの割に、安くて、美味しくて、若いお店、と感じた。(ジタバタしてみるけれど、その時のわたしも“若い”アルヨ)

東京には、毎日毎日グルメ情報が溢れ、行きたいお店が名を連ね、そうこうするうちに、わたしの記憶には埋もれていってしまった。
でも、巷では相変わらずの人気。

…で、ね。
まぁ、ある意味縁あって、予約してみた。

21時(前のお客さん退席後の入店ご連絡)の予約なので、ミニコースをお願いしてた。
着席後料理の品の数を訊いて、お腹すかせているMWさんと、顔見合わせ、約10品のおまかせコースに変更。

皿食らわば毒まで、式。
えーぃ、食えや、太れや、饗宴じゃ!

恵比寿なので、エビスザ・ブラック(ビール)で乾杯。
ニガい中にアマい風味があって、黒ビール、好き。
画像
お料理は、いろんな食材、工夫があって、説明きちんとしてもらっても、ごめんなさい、忘れていく…。
一皿目のキーワードは…、ジュンサイ、緑の葉っぱ、出汁のゼリー。
二皿目は…、きびなご、はらわた旨苦味、ヤングコーンまるまる揚げ。
三皿目は…、ホタテのしんじょ。
画像
四皿目、タコと白身(マコガレイ?)のお刺身。
お醤油のほかに、梅のなんちゃら。
この梅なんちゃらが、つけるだけ、じゃなくて舐めるのもオイチ。
シャルドネ白ワイン(もちろんボトル)から、MWさん日本酒へスイッチ。
お刺身についていたワサビも梅なんちゃらのお皿に移して…。
五皿目、マグロのカルパッチョ風味?
言わなくても、梅なんちゃら&ワサビのお皿、下げられず。
飲んべ、ってわかられた。
六皿目、頭からガジガジ、お魚の開き。
画像
七皿目、ふわっととろっと、あちあち茶わん蒸し。
花鳥風月? のカエルとウサギの絵が好き。
八皿目、マスカルポーネといぶりがっこ。(初めてまともにメニュー名を言えた?)
矢印は、みわさんが最初から最後まで齧りたがっていた、たい焼き本物そっくりの箸置き。
いつか咥えて、歯を折るんじゃないかと、心配した…、くらい気に入っていた。
そして、わたしは〆の、焼酎ロックに。
九皿目に、ご飯~。
鮭、だった…? あ…。


久々の賛否両論。
進化もしているようで、変わらないようで。
あのクオリティで、あのお得さ。
予約が絶えないわけなのだ。

**********************
賛否両論
03-3440-5572
http://www.sanpi-ryoron.com/index.html
大雨だったせいもあって、行きも帰りもタクシー。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

わたしとしたことが、MWさんの誕生日プレゼントを用意しておきながら、お店にバースティプレートのお願いをし忘れていた。
和食だからいっかー、と酔ってきた頭で、思っていたら…。

誕生日プレゼント渡しているのを見て、お店の人がちゃんとキャンドル付きでデザート用意してくれた。
お心配り、ありがとうございます!
画像
プレゼントの中身は、ネコTシャツ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック