ふきのとう胡麻豆腐、ホタルイカにガツーン、の和食 (お店 「くろぎ」 @湯島)

シャワシャワ食前酒でうっすら気持ち良くなったのち、入店。

カウンターで、大将? くろぎさんとお話しするのが醍醐味なのかもしれないけれど、わたしたち3名は2階の個室に案内。

個室は個室で写真を遠慮なく撮れるので、嬉しい。(でも、ちゃんとお店の人に了解得ます。)
画像
改めて、乾杯。
八海山と同じ水? で作っているビール、「八海山泉」。
滑らかなフルーティなお味。
ビールの苦みなく、お口の中たおやかな気分になる。(“たおやか”ってどういう意味? コトバンクによると「態度や性質がしとやかで上品なさま」、そうそう、その気分になった。)
画像
最初に出てきた、ふきのとうを練りこんであるという胡麻豆腐にがつーん!
香ばしい外側、ねっとりとした中味、ふきのとうのほんのりとした苦味。
日本人で良かったなぁ、としみじみ。
次に、氷見港からやってきたホタルイカの沖漬け? も、が、がつーん。
新鮮さたっぷり、良い塩分、日本酒~、日本酒飲みたい~。

日本酒飲めないYTMは、ひとりで白ワインを一本確保。
MRNくんとわたしで、日本酒。
広島のお酒、竹鶴をチョイス。
MRNくん、気に入ったみたいで、最後までこのお酒。
2合徳利、5本は飲んだ気がする…。
2合×5、イコール、えっと、ヒトは“一升”と計算するのかな…?

次に筍登場。
画像
京都の筍を、お刺身みたいに新鮮に。(焼いてはある、だったはず)
この筍も美味しかったのだけど、実はわたしが気に入ったのは、木の芽。
スワーっとして、スワスワがいつまでも口の中に残って、爽やか。
こんなに美味しい木の芽、食べたことない。
でも、たぶん、こんなにたんまり食べたことなかったんだろう。
木の芽好きになった。
今度、木の芽サラダ、食べてみたい♪

順番は違うけれど、最後に筍ご飯、お焦げ付き。

…の前に、木の芽たっぷりで嬉しいしんじょ、お刺身、八寸、天ぷらには小鮎(?)がこちらを口開けて向いてる。
画像
このあたりから、おなかいっぱいなんだけれど、お酒で気持ち良くなっちゃってるから、いくらでも食べられる気がしちゃうの。
アホになってる。
画像
そして記憶も飛び飛び…。
白和え…?
お肉はさすがに覚えている。
美味しかったのと話したのも覚えているけれど、お味は記憶の彼方へ…。

そして、フィナーレの筍ご飯食べて。
デザート。
画像
もう、食べられまてん…。
写真見返すと、器がどれもステキだった。
右下の灰皿もゴージャス。

21時前に入店、0時過ぎまでのーんびり和食。
楽しかった!

*********************
くろぎ
03-5846-3510
http://www.kurogi.co.jp/index.html
湯島とか上野広小路とか、行き慣れていないので不安…。と、いうことでJR好きなので、御徒町駅からお散歩。オモシロ町そうだったな。
画像
気になるお値段。一人¥30000。飲んだからなぁ…、と納得のお値段ではありますが、あとから聞いたらコース¥20000だったんだって。それを考えるとお酒は安かったか? 加えてそのこと知らずに行っている自分たちが、ちょびと怖い。てか、もう、怖いものなし。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック