本 「私のワイン畑」

玉村豊男著。

お酒好きの著者。
仕事をしながらの飲酒。
強いお酒を2杯、3杯、と。
42歳で吐血(きゃー)、肝炎を患って、好きだったウォッカやラム酒の痛飲はやめた。

そこで、ワイン登場。
どのお食事にあい、寝しなにゆっくり赤ワインを楽しむ嗜好に。

ちょうどその頃、長野県の土地を買って、閃いたのが。

この畑で、ワイン用のブドウを育てることはできないだろうか?

自分で作ったブドウ、そのブドウがワインとなって、老後の日々を過ごすことを、閃きと幻影?

畑を耕し、苗を植え、天候にやきもきし、虫に泣き、実が出来たことに小躍りする。
その様子を、日記というほど頻繁ではないけれど、記録として書かれたもの。
わたしも疑似体験。

すごいのは、「ワインを作ろう」と思って土地を買ったのではなく。
土地を買ったら、ワインが作りたくなった。

そこからのパワーがスゴイ。
もちろん人脈や、コネや、「本にする」という仕事も加味されて、一般の人が同じような夢をかなえるのは、もっともっと難しいんじゃないかな、と思いはするんだけれど、それでも素人の“農民”がそれなりの“農民”になっていくところはスゴイ。

ブドウを作るまでに、辛いことや、失敗や、後悔することや、いろいろ経験するけれど、ある程度の達観、ケセラセラ的な考え、は、楽に生きていくために必要なこと。

そして、まずは挑戦、まずは歩き出してみること、が大切。

玉村さんは、そこそこ満足な質と量のワインを作るには10年計画をたてていた。
この本では、最初の2年? 3年を描いている。
まだまだの質だけれど、自分が育てたブドウでワインを作るところまで。

それからもう、20年経っているのかな。
いったい、どんなワインができているのか、わたし自身は本を読むだけで、畑も耕してないし、なんの苦労もしていないけれど、最初の数年を疑似体験したことで、その味を想像するだけで楽しい。


中公文庫。

私のワイン畑 (中公文庫)
中央公論新社
玉村 豊男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私のワイン畑 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック