映画 「レ・ミゼラブル」

みんなが? 観ている? から、「レ・ミゼラブル」。
わたしの周りでは、おおむね評判が良い。
…だったけかな?

話題作であることは間違いない。

ジャン・バルジャン(ジャンバル・ジャンかも?)は19年間も、パン一個を盗んだ罪に加え、脱獄の罪で、収監され、奴隷のように働かされていた。

仮出獄をしても、身分証明書にはその罪が書かれ、職にはつけないし、食にもありつけない。
ある時、教会の軒先で休んでいる時に、心ある牧師に助けられ…。

って、内容はみんな知ってる?

そもそも2時間45分(くらい)の映画に納めるには、物語が壮大過ぎるはず。

◎どうして脱獄を繰り返したのか。
◎シャベール(そんな名前じゃない? …警官の人ね)との確執はどんなものなのか。
◎アン・ハサウェイ(急に女優の名前)が死んだのを自分のせいと責めるには映画の中では、深く描かれてないところよね?
◎そ、そんなに一目惚れってあり?!

本の方が面白そうだなぁ。

えっと、岩窟王、とは違うんだよね…?
岩窟王は結構オトナになってから、厚くて重い本、2冊だか3冊だかで読んだよ。
似てるよね…?
あれれ? ひょっとして、岩窟王なのか?!
だとしたら、あれは本当に読み応えがある、深みのある話だった。
だとしたら、はしょり過ぎだよー。

みんながこぞって“感動作”って言ってたほど、わたしは感動できずに、自分の荒んだ心を反省。
最後のあたりでは、結構鼻をすする人が多かった。
わたしは、シャベール(調べたら、ジャベールでした。)が、市民革命のあと、学生たちの並べられた死体の中に、子どもが横になっているところに自分の勲章(?)、バッジを置いたところが、危うく慟哭かと思うほど、身体の奥からひくくくく、って泣きそうになった。

びっくりしたこと。

◎ラッセル・クロウの味わい深い歌声。
◎ヘレナ・ボナム・カーターのイッちゃってる演技。(好き。)
◎アン・ハサウェイは娘を育ててもらったのに、これからジャン・バルジャンが娘夫婦と仲良く暮らす為に生かしてあげるんじゃなくて、あっさり天国に連れてくんだー。

まぁ、そもそも、みんな歌ってるところが、驚くことだよね。
ミュージカル映画をそういう見方してしまう時点で、わたしってダメなのか。
あぁぁ。

ミュージカル映画は「ムーランルージュ」が好き!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

マエダマエダ
2013年02月07日 08:46
観たよー
僕は楽しめました。ミュージカル好きだし。多分、ストーリーは基本的に皆が知っていることを前提に作ったんじゃないかな、想像だけど。
ラッセルクロウの歌の評価は意外。周りでも、確かアメリカでも若干彼の歌は弄られていたような。
初めから終わりまで歌っていうのも潔くて良いのではないでしょうか。確かにビックリしたけど。
10点中7.5点かな。
NOK ↑あ、マエダさんだー こんにちは...
2013年02月09日 21:42
あはは!!! 感想のすべてがSKMさんで、面白い。 ヘレナボナムカーター、たしかにSKMさんとちょっと通じるところ、あるなあー ラッセル・クロウ、私、タイプ過ぎます。 私もともとのタイプってあーいうカンジ。 ジャンバルジャンよりも 革命家の学生よりもだんぜんジャベール。 私は母になったんでやっぱりアン・ハサウェイに涙しました。そこで泣きすぎてあとは泣かんかった。

この記事へのトラックバック