年末年始あれこれ。(2012-2013)

大晦日と元日はオフだったので、の~んびり。

大晦日の夕方に、近くの天神様に出かけていって、ほとんど人のいないところで2012年無事過ごせたことにお礼。
数時間後には、信じられないほど人がいっぱいになる境内もシーンとしていて、ゆっくりとお礼も、今後のお願いもできるのだ。

紅白歌合戦が白組圧勝が決まって蛍の光を歌いはじめると同時に、再び天神様へ。
2012年最後の夜は、風もなく例年ほど寒くもなく、穏やかな年明けを感じさせてくれる。

だるまたちの火付け式(?)も見ることができた。
画像
お参りは、列を作っているので例年通りパス。

だるまの焼けていくのを見ていると、寒稽古(?)の子どもたちが日の周りにやってくるのも、最近の恒例。
画像
みんな、口々に、寒いだの、痛いだの(だって、裸足)、火に当たって温かいだの、あーだの、こーだの、ぴーちく、ぱーちく反している。
かわいい小鳥たちと、その小鳥たちを引率している大鳥たち、なんか単純に、「いいなぁ」「すごいなぁ」と思うひと時。

お賽銭投げ入れてお祈りする列を横切って、おみくじだけしてみる。
“中吉”。
いいんじゃない? と思いながら、一番最初に目に入る文字、「待ち人 来らず 音信はなし」。
えっとぉ…。
お酒の飲み過ぎのふりしちゃおう、っと。

暖かい(は、嘘だけど、寒くはない)大晦日から元旦への夜中、お風呂に入って就寝。

仕事のない元旦、元日。
一口だけ(…正確には、一合ビン2杯…、3杯…くらい)お燗のお酒をお神酒としていただいて、高級おせち。
画像

元日から玉川上水をお散歩。
画像
だって、食べすぎだから。

イオンモールに行ったら、獅子舞。
画像
めでたい~。
獅子舞に頭噛みカミされたら一年幸せになれると聞いて、パパママ達が子どもを差し出す。
子ども達、泣く、の図が繰り広げられて、微笑ましい。

獅子舞の中にいたのは、中国雑技団の2人。
オンナノコは10メートルくらいある一輪車に乗って。
オトコノヒトは輪っかを重ねて逆立ちしたり。
画像
これがフィナーレ。

今年も家族が元気で、健康で過ごせますように。
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

CEK
2013年01月12日 15:17
今年はどこのおせちにしたの~?
待ち人がどーだこーだより、何といっても家内安全、家族の健康が第一だよね~。
んん?でも、やっぱり待ち人も大事か…
CEK-sanへ
2013年01月13日 08:42
今年のおせちは、「金沢 つば甚」でした。どれも、新鮮。日持ちするので、食べたのは三が日明けだけど、ローストビーフがおいしかったです! あ、あと、栃木の柏屋さんで食べた博多バターも入っていて、美味再来。

この記事へのトラックバック