新旧交代 - 腕時計

何度となく、新しい時計が欲しい、って言ってきた。(こことかで)

ソウルでは気に入ったものがなく、バリでは、もう気に入る、気に入らない、ではなく、買おう!と決心。
だって、今使っている時計の9時の部分のダイヤモンド(平気で言えるようになってきた)が落ちちゃって、みすぼらしいったらありゃあしない。

毎回、旅行先のDFSでつい見入ってしまう時計があった。
MARC BY MARC JACOBS。
デザインがかわいい。
それに、時計自体は、シチズンだかカシオだか、(でもセイコーじゃないところ)で作ってるって聞いたような気がする(かなりの、ガセ)。

で、バリのDFSで、これだ!と。
文字盤が、シカクちゃんだったり、ハート(カエルにも見える)だったり、ニャーコだったり…、全部違う。
どれもダイヤモンド入り。(ヒトサマはガラスと言う、念の為)

残念なことに、わたしの希望する完全防水でもないし、電池のいらない時計でもない。
でも、いいや。
デザイン重視だ。

店頭でベルトのサイズ直しをしてもらい、免税品の為、受取はインドネシア出国時のジャカルタ空港。

さて、ジャカルタのラウンジでおちついた後、箱から出して、腕につけてみた。
…ら、小さなパーツがぽろりん、と落ちた。
そして、ベルトがバラっとなった。

サイズ直すヒューズが取れちゃったよ。
おーのー。

ジャカルタ空港内でもDFSはあるので、見せに持っていったものの、時計の扱いがないから、日本に帰って修理に出せ、という。
ひぃ。
でも、戦っても仕方ないから、しょんぼり帰ってくる。

で、日本に帰ってきて、パーツを入れなおしたら、ちゃんと時計のベルトとして出来上がった。
…のも、つかの間で、3日に一度の割合で、パーツが取れて、バラッとなることが繰り返し起きて、ついに、パーツもみつからなくなり、修理のお願い電話をした。

保証書に書いてあるMARCに電話したら、ベルトは保証外なんて辛らつなこと言われた。
DFSに電話したら、ベルト全取っ替えしてくれた。
DFSで買っておいてよかった。

そして、購入から、約一月経って、新旧交代。
画像
「安っぽい」って声を聞かないでもないではありませぬが、いいじゃない、わたしっぽくて。
それに、ほんとにかわゆいんだもん。

…てか、写真にすると、赤い時計のダイヤモンドがないのが目立って、ビンボーくちゃいよ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ところで。

MARCの時計、酔ってつけたままお風呂に入って壊す確率、かなりの高率と思われる。
問題は、どれくらいの期間でそれが実施されるか、ナノダ。
既に、酔ってないのに、シャワージャー、ってかけて慌てたし、この一月が勝負かなぁ…。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フォリフォリのファミリーセールにて…。

    Excerpt: 時計は常に身に着けるものだから、なのかなぁ。 今年買った、MARC BY…の時計も、ショーメ時計も、今一つ、自分ぽくない気がしている。 Weblog: Winner_blog racked: 2012-10-27 02:35