映画 「クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~」他 @機内

今年の目標は、確か…、映画を観る、もあったはず。
でも、実際はままならぬ。

なので、成田-ジャカルタ-デンパサール、の機内では、映画観よう。

ハッピーフィート 2 踊るペンギンレスキュー隊

食事や、睡眠やで、あんまり真剣に観なかったので、どうして、ペンギンたちの住むところが隔離されて、助けなくちゃいけなくなったのか、大アザラシ(?)がペンギンたちに恩があったのか、わからなかった。
でも、まぁ、そんなに真剣に観なくても大丈夫。

ペンギンたちのダンスシーンや、歌うシーンは、さながら、ブロードウェイミュージカル。
ちょっと感動。

キャラで好きなのは、空飛ぶ“ペンギン”のスヴェン。
出てきた瞬間から、おいおい、な“ペンギン”。
でも、悪い子じゃないの。

最後、みんな仲良し、で終わり。
平和な映画。

代わって、真剣に観たのが。

クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~

最初、タイトル見た時、前半しか頭入ってないから、世界の黒沢明の総集編とか、オマージュとか、なんか、カタいものだと思ったら…。

出てきたのが、黒沢かずこ、椿鬼奴、光浦靖子、大久保佳代子…。
ま、負け犬女子の映画…かと、思いきや、みんな(光浦除く)が、恋に落ちる映画だった。

おちゃらけてなくて、みんな真面目な恋で、なんだか胸キュンってしちゃったんだよねー。
不覚だ…。

黒沢かずこの恋愛相手のパクさん(韓国人)が、デートのたびにしかけるサプライズに、わたしまでドキドキしちゃって、お~、こうやって、韓流ブームに流されるのか、と映画の内容にも、今後のわたしの行き先にもドキドキした。

鬼奴も、大久保も、幸せなオンナノコの顔のぞかせて、かわいい。

最後はね、みんな、その恋を通して階段一歩上がるの。
このメンツなので、少女漫画的なハッピーエンド、ではないのだけれど、うん、負け犬キャラのみんなには、転んでもただでは起きない、強さがあって、いいんじゃない?と思わせるもの。

キュンとして、胸いっぱいでちょびと涙が出て、笑えて、ひっくり返れる、楽しい映画だった。
「わたし、負け犬だ」って、一回でも思った女子は、観たら元気になれる映画だと思う。
お勧め。
(イケテル、と思っている女子には、わからんでしょー、このドタバタ。)

パクさん役の、コン・テユは、神奈川県出身だって。
あの、なまった日本語はひょっとして、お芝居?

次に。

カイジ2 ~人生奪回ゲーム~

「カイジ1」を観てないせいか、なんとも…なストーリー展開。

でも、いいの。
大好き藤原君の、ダメ~な主人公演技を観ているだけで。
そして、最近キテいる伊勢谷友介が、クールなんだけれど、時々マンガチックな表情やセリフを吐くところが、ずっこけておもしろかった。

よいオトコたちの映画だもの、単純に楽しんだ。
それにしても、1はどうだか知らないけれど、2は、パチンコの話、なのね…?
もっと深みのある、ゲームが繰り広げられているのかと思ってました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

デンパサールからジャカルタのガルーダ機内食(お夕飯)は、なかなかまとも。
画像
アルコールがないのが、玉に瑕。

JALの機内食。
画像
早朝食(日本時間の、4時くらい…?)。
ヤクルト2本、おもしろい。

【DVD】クロサワ映画2011?笑いにできない恋がある?
ペーパームーン楽天市場店
2012/3/7発売※このタイトルはご注文受付後、メーカー・問屋で商品を確保いたします。 商品確保の


楽天市場 by 【DVD】クロサワ映画2011?笑いにできない恋がある? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック