お店 「まめぞん」 @恵比寿

本当は、SKGC家との、宮古島反省会のディナー、のはずだったんだけど、SKGCさんが足の指にひびかなんか入れちゃって、SKGCさんと子どもたちはお留守番に。

みんなと行くんだったら、「トニーローマ」だった。
CEKちゃんと2人なら、路線変わって。

「カーザヴィニタリア」「AWキッチン」「イルマンジャーレ」「ドンチッチョ」「タツヤカワゴエ」…いろいろ名前はあがって、今回は「まめぞん」。

¥5500のコース料理。
2つのパスタと、メインをチョイスできる。

最初に、軽い1皿。
考えて見たら、朝から一口も何も食べておらず、スプマンテをいただくよりもこちらを食べないとひっくり返っちゃうかもよ。

でも、やっぱり、乾いた喉は、シャワシャワを待っている。
シャワシャワで喉を潤し、軽い1皿をパクッ。
シンプルシューが、お口に入れる前から香りがよかった。

季節の前菜5品盛りは、お魚が中心。

パスタは、シェフが丹念に毎日作ってくれている手打ちパスタらしい。
わたしは、いろいろ質問して、“ビゴリ” と言うロングパスタを使ったアンチョビと玉葱のインサルサ(なんだ、インサルサって)。
それと、¥600追加で、タリアテッレの北海道産雲丹をつかったソース。

インパクトが強いお料理ではないけれど、やさしいお味。
CEKちゃんが選んだタコのニョッキが、トマト味で、白味パスタ2種のわたしには印象に残ったかな。

メインは、どこか東北の方の鶏。
画像

モッツァレラみたいなチーズが乗っていて、お肉自体ジューシー。
周りのお野菜も、肉汁すって美味しかった。

最後にデザート。
画像

CEKちゃんとわたしには、あまり興味がないところ。
でも、カラフルで、一般のジョシはテンション上がるところかもね。

全体的に、パワフル!ではない。
でも、お味もサービスもそつなく、ゆるやかに時間が流れて悪くはない。
スプマンテも¥5000台からあって、いわゆるCPの良いお店。
ちょっとした女子会やカップルのお祝いの席にお勧め。

最後に、入店する前から気になっていたことを、お店の人に聞いてみた。

「ここって、前は『タツヤカワゴエ』のお店でしたよね?」

わたし、「まめぞん」のことはあんまり知らなかった。
CEKちゃんの案内でお店の前に来た時に、そこが今ほど有名ではない「タツヤカワゴエ」のお店だったこと思い出した。
5、6年前かなぁ。もうちょっと前かも。
その時、若いシェフが、つまり川越達也が、挨拶に出てきて、和気あいあいと話をしたのをよーく覚えている。
気さくな人だな、って。
お料理が綺麗でおいしくて、友達とも「また来たいね」なんて言ってたんです、なんて言ったら、近々移転予定で、まだ行く先は決まってない、と、ちょっと歯切れの悪いことを言っていた。
それも印象的だったんだよね。
その後、代官山に移って、“予約の取れないレストラン”として有名になって、今じゃ川越達也、の人自体が有名。

「まめぞん」のお店の人は、“タツヤカワゴエ”に微妙に反応した。
たぶん、本当に微妙だけど、あえて言うなら、“苦虫をかみつぶした”みたいな感じ。

もとは一緒にやってとのこと。
やっているうちにコンセプト、目指すもの、いろいろ違ってきて、話によると弁護士まであいだに入れて、袂を分かつ、になった、らしい


なんかよくわからないけれど、いろいろ大変だなぁ。
でも、「タツヤカワゴエ」、代官山にも2度ほど言ったけれど、嫌いじゃないな。
でもでも、「まめぞん」が目指そうとしているものも、今回の食事でちょっとだけ見えた。

どちらも、おいしいものを提供、お願いします。

********************
まめぞん
03-3449-0350
http://www.mamaison-ebisu.com/
JR恵比寿駅から徒歩5分くらい。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック