映画 「ノルウェイの森」

「ノルウェイの森/Norwegian Wood」

思い入れのあるものが映像化されるのって、怖い。

先日のヤマトもだけど、自分だけのイメージが出来上がっちゃっているのに、それを他人が作り上げて、加工して、見せられるのって、そうそう、イメージ通りになるものではない。

自分の思い出が傷つけられる可能性大。

だけど、怖いものみたさ、ってあるから。

「ノルウェイの森」は、わたしにとって恋愛観が決定付けられた小説。
どんな恋愛観かって言うと…、ちょっと説明が難しいけど、とにかく、思い入れがある、ってこと。

その小説を、映像で観る。観た。

もし、☆をつけるとしたら…。

松山ケンイチが、意外にも、純朴で残酷な20歳をとても上手に演じていた。とてもうまかった。好きになった。
内容から暗くなりがちな映像が、瑞々しく色鮮やかで美しかった。
みどりを演じた水原希子が、みどりだった。すばらしかった。(わたしは、小説の中で一番みどりが好きなの。どのセリフをとっても、みどりが印象的。だから、この映画で水原希子がみどりだった、ってのは、賞賛です)

小説で感じたものと、映画で感じたものは、別物と考え、、5つ☆中、わたしは4つつけます。

でも、個人的な好き嫌いで申し訳ないけれど、わたし、菊地凛子はダメだ。
わたしの中での直子はもっと、もっと、ほんわかやわらかった。
だから、菊地凛子が直子で出てくるたびに、違和感を感じてしまった。
精神をきたして暴れるところはうまいけど、ほんわかやわらかな直子を演じている時にはすごい違和感を感じて、没頭できなかった。

あー、でも、もう一回読まなきゃかな、ノルウェイ。
オトナの階段を昇る時に読んだ本を、今読むのってこそばゆくて、避けていたのだけど。

ノルウェイの森公式ガイドブック
楽天ブックス
商品副データ1週間mook講談社講談社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年12月登録情


楽天市場 by ノルウェイの森公式ガイドブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

びえら
2010年12月16日 08:24
同じく、菊地凛子さんが、初々しくなくて嫌でした。もっと透明感のある人はいなかったのかと。
みどりさんは、きれいでした。
chinaⅡよりびえらさんへ
2010年12月16日 13:59
そうそう、「初々しくない」その通りです。
コメント、ありがとうございました。
大滝(おおだる)温泉天城荘
2012年07月19日 13:48
“水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!

 こんにちは。
 こちらは、映画『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』のロケ地、伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘でございます。お世話になっております。
 昨年(2011年)9月の台風被害復旧が捗らず(※主に私有地内に町が施工管理する大滝一般見学者のための遊歩道)、余儀なく約半年間の休館をいただきながら独自に再開への備えを進めてまいりました。おかげさまで、大勢の皆さまからの応援とご協力によりこのゴールデンウィークに大滝(おおだる)温泉天城荘の営業を再開できました。多くの皆さまにまたおもてなしをさせていただけるようになりましたこと、ご当地の文化・経済・観光等に社会貢献できますこと、本当に感謝でございます。
 再スタートによって明確になった新たな課題や台風被害復旧の継続作業部分等もあります。真摯に、今後もコツコツ個性に磨きをかけて、一人でも多くの皆さまの健康と幸福のお役に立ちたいと存じます。
 これからも『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』ともども伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘、名勝河津七滝(かわづななだる)、国指定重要文化財天城山隧道、河津桜まつり等、何卒宜しくお願いします。
 皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。
 “水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!
☆ 突然で驚かれましたよね。このご縁、この思いが届けられればと願っております ♪

この記事へのトラックバック

  • マイランキング 2010

    Excerpt: 今年は、飛行機の中でちゃんと観たものも含めると、17本の映画を観た。 名画座で3本立て、とかして、年100本観てたあの頃(遠い目)に比べられない数だけど、まぁ、頑張ったかな。 Weblog: Winner_blog racked: 2010-12-31 07:32