本 「夏目漱石全集 2」

夏目漱石著。(そりゃそうだ)

「倫敦塔」-ふむふむ。

「カーライル博物館」-ふぅん。

「幻影の盾」-えっとぉ…。

「琴のそら音」-よかった。わたしにも理解できる物語があった。日本男児の優しさが見える心ほんわか物語。

「一夜」-再度……。

「薤露行(かいろこう)」-なして?

「趣味の遺伝」-ちょっとわかるような、わからないような。

「坊っちゃん」-何回か読んだことあるけれど、ほっとした。坊っちゃんと、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」のホールデンは、その奔放さと、自分が正しい、と一貫しているところが似ている。

やわい夏目漱石しか読んだことがないから、8作の中でちゃんと理解できたのは、「琴のそら音」と「坊っちゃん」だけ。
それ以外は、“文豪”の名にふさわしく?わたしにはちんぷんかんぷんすぎて、文字を目で追うのが精一杯。
理解がなんとか追いついてきたのが「趣味の遺伝」1作のみ。

夏目漱石は奥がふかいのぉ、と思うけど、その奥の深さはとうてわたしには見えそうもありまへん。

なにはともあれ、小説を読むのか、注釈を読むのか、ってくらい、注釈が多く、やれやれ、でした。

ちくま文庫。



日本文学全集15 夏目漱石集1 坊っちゃん/草枕他 …デュエット版 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1966年備考:函少イタミ、付録欠、少シミ、少ヤケ状態:CB6サイズ参考画像です。函や本など

楽天市場 by 日本文学全集15 夏目漱石集1 坊っちゃん/草枕他 …デュエット版 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック