勝利に酔いしれる日本(Nippon)

ワールドカップ。
始まる前は、4連敗中?の日本チームに、イマイチ盛り上がりが欠けてる感があったのに、カメルーン戦での勝利後、全国民が日本チームを応援しているかのような状態になった。
かく言うわたしもにわかファン。
朝方3時半に始まる試合の為に、アラームセットして起きた派。しかも間違えて3時に。
お休みだったしね。
でも、さすがにがばっと、起きれるほどではなく、J-WAVEでやっている中継をうつらうつら、聞いてた。
2-0になって、いくつかのピンチも凌いでいるのを聞いていると、日本は強くなったんだなぁ、って満足感と、今回勝利の神様はデンマークではなく、日本についたんだなぁ、って。
後半10分くらいになって、階下でテレビついてる雰囲気があって、ようやくTV応援。
1点取られた時には「ひゃー」って思ったけど、3点目を日本が入れた時には、勝利を信じる安心感もできた。
日本チームが相手チームをあんなにイライラさせた試合って、見たことなかった。

本田選手が、「もっと喜べるかと思ったけど…」と試合後のインタビューに答えていた。
優勝を公言していた彼にとって、この勝利は当たり前でなきゃいけないんだろうけど、それでもこの1勝がなければ優勝を目指すことできないから、「もっと喜べると思っていた」んだろうけど、なんだかビッグマウスと言われる彼の強気発言とは違った、本心が見え隠れする感想だった。
本田選手の本心がどこにあるのかわからないけど、意外と強くなっていた自分達に拍子抜けしたんじゃないかな。
見ていたわたしも、あんまりドキドキさせられることなく勝利を挙げた試合だったから、すごい嬉しい!という歓喜乱舞な1勝というより、勝てるんじゃん、日本、って思った程度だったから。
本田選手が、「もっと喜べるかと…」と言った時に、あ、わたしも同じ気持ちがする、って思ったのだ。

まぁ、なにはともあれ、サムライブルーの皆さん、サムライブルーを応援する皆さん、おめでとうございます。(わたし、どの位置からの発言?)

相手チームのパラグアイがどれくらい強いのか、よりも、パラグアイ戦が何時枠の試合なのか?が最初に気になってしまった。
だって、やっぱり3時起きはいやだもの。

それとね、試合の終わった後に、放映していた日テレのお祭り騒ぎに若干うんざりして、朝寝しよー、とJ-WAVEのジョン・カビラの番組を聞いてたら、南アにいる“旅人”が今回の勝利の感想をジョン・カビラのインタビューに答えてたんだけど、そこで「ダンチイッケツ」って言ってたよ。
「一致団結」って言いたかったんだよね?
でも、わたしは睡眠に落ちる時だったから聞き間違えたかもしれないし、そういう言葉があるのかもしれないし、もし彼の間違いだったとしたら、彼のプライドの為に名前は公言しません。でへ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック