Winner_blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 肉にくニク! と、ワインわいん葡萄酒 (お店 「勘之丞」 @新宿御苑)

<<   作成日時 : 2017/04/29 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

YKちゃんとOSNちゃんと、ひさびさのオリジナルメンバー会。
なんのオリジナルかは不明。

マイコンシェルジェにレストラン検索お願いしたら、今回は行ったことあるお店と、イマイチなお店のだったため、自分で探すよ。
東中野から阿佐ヶ谷、とゆー場所柄が、マイコンシェルジェを苦しめたかな。
わたしは、苦しみたくなかったので、新宿まで入れて探しちゃった。
ズルイ。
その土地ならマイコンシェルジェも腕がなっただろうに。

店名は、居酒屋みたい、フードはイタリアン、と思って入店。

そしたら、お肉を楽しむお店だった。

カルパッチョ4種盛り合わせ。
画像
肉〜。
カルパッチョって魚じゃなくてもいいんだー。

<Wikipediaより>
イタリアの画家であるヴィットーレ・カルパッチョが薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけた料理を好んだことから、彼の名を取ってカルパッチョと呼ばれているという説がある。

へぇ!

<さらにWikipediaより>
日本においては、生の牛ヒレ肉の代わりに、マグロやカツオ、サケなどの刺身を使用したカルパッチョが和洋折衷料理(西洋料理の日本風アレンジ)の代表例となっており、その創作者はレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務だといわれている。

へぇ! へぇ!

スパークリングで乾杯したけれど、赤、飲みたくなっちゃうー。
頼んじゃうー。
飲んじゃうー。

アンチョビとガーリックがガガガン!とかかった、シンプルだけど、存在感たっぷり。
画像
その隣のパスタは…、の前に、オーダーの仕方、として最初教えてもらったのが。

1つ、肉は1時間くらいかけて焼くので最初にオーダーすべし。
2つ、ひとり100グラムくらいが目安で、赤身と脂身、ひとつづつオーダーするがよし。
3つ、食らうべし。

イタリアンと思って行っちゃってるから、パスタ食べたい。
お肉ひとり100グラムは少し多くないかな…、わたしたち少食だから♪ と思ったのだけど、オススメを押して、パスタパスタとはいかないため、赤身脂身を150グラムづつ、計300にしたさー。

でも、パスタもオーダー。

ワインが進むねー。

じゃん! メイン。
画像
取り皿に盛って、さらにたっぷり感。
画像
お肉の味の違いはわからないけど、うまーい。
お肉もうまーいけど、たくさんのお野菜もうまーい
緑の葉っぱはパクチー入っているといわれたけれど、おいしそうだったので食べたよ。
口の中であの苦手な味が広がったけれど…。

スパークリング1本、赤ワイン1本、デキャンタ(500t)1本、これだけ飲んでたら、なんか忘れちゃったよー。
つまり、楽しいオリジナルメンバー会だった、ってこと!

********************
勘之丞 / かんのじょう
03-6905-7376
新宿御苑駅から徒歩5分。お店の人はちょっとクセありな感じだけど、ちょいちょいおもしろさを出してくれる。ローストしたお肉もよいけれど、なんかハンバーグとか、ほかのパスタとかもおいしそうだったなー。二回目はわがまましてみよー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
肉にくニク! と、ワインわいん葡萄酒 (お店 「勘之丞」 @新宿御苑) Winner_blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる